洗濯の前にやりたいつけおき!一晩やっても大丈夫?NGはあるの?

豆知識

 

洗濯前に洗濯物をつけおきしておきたいけれど、

一晩中やっても大丈夫か気になりますね。

 

 

基本的に衣類のつけおき洗いって、

何時間くらいすれば良いのでしょうか?

 

 

一晩中しておくのは長すぎる?

 

 

今回はそんな、洗濯物のつけおきは、

一晩中しても良いのかどうかを解説します!

 

 

みんな洗濯のつけ置きってどれぐらいの時間する?1日は長すぎ?

 

結論からいうと、一晩中や1日中ずっと、

つけ置きしておくのはやっぱり長すぎます!

 

 

あんまり長時間つけ置き洗いしてしまうと、

汚れていない部分に落ちたはずの汚れが

付着してしまったり、繊維を傷めてしまうことが

あるんですよ…。

 

 

ということで、

1日中や一晩中つけ置き洗いをしておくのは、

やっぱりやめておいた方が良いでしょう。

 

 

我が家でもよく洗濯物をつけ置きするのですが、

だいたいは30分程度ですね。

 

 

それでも十分汚れが落ちますよ!

 

 

他の家庭でも、長くて1~2時間つけ置き洗いを

している、とのことでした!

 

 

やっぱりあんまり長時間つけ置きをするのって、

逆に洗濯物に良くないんですね。

 

 

ということで、つけ置き洗いはなるべく、

長時間にならないように注意しましょう。

 

 

特に新品の色柄ものの衣類は、

長時間つけ置きしてしまうと、

色落ちする場合もあります!

 

 

そうならないためにも、初めて洗う色柄ものの

衣類をつけ置きするなら、単体で15分と短い

時間だけ、つけ置きしておくと安心ですね!

 

 

洗濯するものによっても、つけ置きする

時間などを変えていくと良いでしょう。

 

 

そうすれば汚れもきちんと落ちて、

衣類の繊維などを傷める心配もないですよ!

 

 

洗濯をつけおきすれば匂いも良くなる?適度な時間と頻度とは?

 

洗濯物をつけおきする場合は、

基本的に30分~1時間を目安にし、

つけおきする頻度は、汚れやニオイが気になったら

というペースがベストですよ!

 

 

ただし先ほども説明したように、

色落ちしそうな色柄物は単体でつけおきし、

そしてつけおきする時間も、

15分を目安にすると良いでしょう。

 

 

つけおき洗いする頻度も、

週に1回くらいがおすすめですね。

 

 

そうすれば色落ちの心配もありませんよ。

 

 

また、縮みやすい素材で出来ている衣類や、

シルクなど繊細な素材の衣類に関しては、

つけおきしてしまうと傷んでしまうので、

つけおきは基本NG!

 

 

洗濯タグをチェックして、

素材に適した洗い方をすると良いですね。

 

 

以上のことをふまえて、

つけおきをするようにしましょう。

 

 

特に洗濯物を部屋干しする際などは、

30分程度つけおきしてから、いつも通り

洗濯をして干せば、生乾き臭が防げますよ!

 

 

我が家でも同じように、部屋干しの時は、

つけおき洗いをしてから洗濯しているので、

生乾きのニオイを予防出来ています!

 

 

洗濯物のつけおきはくれぐれも長すぎないようにして、

最適な時間と頻度で行うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

洗濯物を一晩中など長時間つけおきしてしまうと、

汚れがキレイな部分に移ってしまったり、

繊維が傷むのでNG!

 

 

つけおき洗いは長くても30分~1時間を目安にして、

その後はすぐに洗濯するようにしましょう。

 

 

また、つけおきの頻度は衣類のニオイや

汚れが気になってきたらでOK!

 

 

ただし、色柄物は単体でなおかつ15分と

短い時間だけつけおきし、シルクなど

傷みやすい素材はつけおき洗いしないように

注意すると良いですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました