ブランコでも酔う?!大人になってから乗り物酔いする原因を紹介!

豆知識

 

ブランコに乗っていると酔うのって、

一体なぜなんでしょうか?

 

 

子供ならまだしも、大人になってからでも

酔うのって、やっぱり体の衰えが原因なのか

とっても気になりますよね…。

 

 

そこで今回は、

ブランコでも酔うことはあるのか

大人になってから乗り物酔いしてしまう

原因などを解説!

 

 

大人なのに乗り物などに酔うことが

あるのでしたら、ぜひ知っておくと良いですよ。

 

 

ブランコで酔う原因は老化?!子どもとは違う大人の乗り物酔いの原因とは?

 

ブランコで酔う原因はズバリ、

睡眠不足空腹状態であること、

苦手なにおいを発するものが

近くにあること、そして三半規管

とても敏感になっていることなどですね。

 

 

基本的に三半規管が弱い体質だったとしても、

成長するにつれて三半規管が安定していくため、

乗り物に酔うことが少なくなります。

 

 

ところが、大人であったとしても

睡眠不足や過剰な疲労、そして空腹状態だったり、

苦手なにおいのものが近くにあることで、

酔いやすくなってしまうんですよ…。

 

 

筆者も普段は乗り物に酔うことはありませんが、

空腹だったり疲れている状態で乗り物に乗ると、

とっても酔いやすくなってしまうんですよね。

 

 

ということで、

大人でもブランコなどに乗った場合に、

乗り物酔いしてしまうということは、

やっぱり睡眠不足や疲労、そして空腹、

悪臭などが原因と考えていいでしょう。

 

 

確かに悪臭や苦手なにおいを嗅ぐと、

ものすごく酔うようになっていくもの…。

 

 

あなたがブランコに乗った時に、

乗り物酔いしたような状態になったのなら、

とにかく体を休めるようにすると良いでしょう。

 

 

そして出来れば悪臭を発するものから

離れたり、食事を摂って空腹感を

満たすようにしてくださいね。

 

 

あとはブランコに乗る際、

極力は遠くを見るようにしましょう。

 

 

そうすればブランコに酔う心配も

ありませんよ!

 

 

大人になってブランコで酔うようになったら…病院で診てもらうべき?

 

大人になってから

ブランコで酔うようになったのでしたら、

先ほども説明したように、原因は空腹や

疲労や睡眠不足、そして悪臭などですので、

病院で診てもらう必要はありません

 

 

ただし子供の頃からずっと乗り物酔いしやすい体質で、

ブランコであったとしても酔うようになった場合は、

心理的要因もあると考えて良いでしょう。

 

 

つまり、『自分は酔いやすい体質だから、

また酔ってしまったらどうしよう…』という

気持ちがあることで、余計に乗り物に

酔うようになってしまうんですよ。

 

 

だからこそ、

子供の頃から酔いやすい体質なのでしたら、

ぜひ睡眠と休養と食事をしっかり摂り、

そして心の中で、『自分は大丈夫、もう酔わない』

思うようにしましょう。

 

 

そうすればブランコに乗っても、大人になっても

酔う心配はなくなるのでとても安心ですよ。

 

 

もちろん病院で診てもらう必要もありません。

 

 

酔うということは睡眠不足や疲労、空腹、悪臭、

そして心理的要因によって引き起こされる

ものなので、原因が分かればしっかり

対処することが出来るでしょう。

 

 

大人になってから酔うようになった場合でも、

やっぱり上記のことが原因なので、

ぜひブランコで酔うのでしたら、しっかりと

体を休ませて空腹も満たしてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

ブランコに乗ると酔うというのは、

睡眠不足疲労空腹悪臭、そして

『自分は酔いやすい』という心理的要因なども

あるため、ブランコに乗って酔う場合は

これらを改善していきましょう。

 

 

特に睡眠や疲労や空腹は酔う原因に

なりやすいので、ブランコに乗っていて

乗り物酔いしてしまったら、すぐに体を

休めてくださいね。

 

 

ちなみに、大人になってから酔うようになるのも、

特に病気などが隠れているワケではないので、

病院へ行く必要はありませんよ!

タイトルとURLをコピーしました