猫に電気毛布は低温やけどの心配がある?安全に暖かくするには!?

豆知識

 

猫に電気毛布を使わせると、

低温やけどしないか心配ですよね…。

 

 

でも猫は寒いのが嫌いなので、

電気毛布の中にもぐりたがる子もいるでしょう。

 

 

一体どうすれば安全に

愛猫を温めてあげられるんでしょうか?

 

 

今回は、飼い猫が冬場も快適に

過ごせるようにはどうすればいいか、

猫用の寒さ対策と低温やけど対策を紹介します。

 

猫が床暖房にいると低温やけどの可能性は?電気毛布などの安全性!

 

猫が床暖房の上にいると、

低温やけどしないか心配ですよね。

 

 

また電気毛布の場合も、

猫がくるまっていると、低温やけどしないか、

やっぱり気がかりになってしまいます。

 

 

猫は基本的に寒がりで、

暑さにはすごく鈍感な動物。

 

 

うっかり低温やけどをしてしまったり、

ストーブの前にいて毛を焦がしてしまうことも

あるんですよ!

 

 

そのため、床暖房や電気毛布の温度は、

一番低い温度に設定しておくようにしましょう。

 

 

我が家にも猫がいるんですが、

ホットカーペットと

ブランケットの間によくいるので、

やっぱり低温やけどが心配なんです。

 

 

そのため、ホットカーペットの温度は一番低くし、

低温やけどしないように設定しています。

 

 

おかげで我が家の飼い猫は

低温やけどすることもなく、

冬場も暖かく過ごせていますよ!

 

 

ということで、

電気毛布などを猫に使わせる際も、

温度調節が出来るのなら

最低温度にしておくようにしましょう。

 

 

また、猫が低温やけどしていないか、

猫が寝ている時に時々様子を見てあげる

何かと安心ですね!

 

猫はホットカーペットで脱水になることも!留守番中の注意点とは?

 

猫は暑さに鈍感のあまり、

ずっと暖かい場所にいて、

脱水症状になってしまうこともあるんですよ!

 

 

そのため、出来れば猫の飲み水

猫が寝ている近くにも置き、

すぐに水を飲みに行けるように

しておいてあげましょう。

 

 

我が家でも猫の水飲み場は

2ヵ所設置していますよ。

 

 

また、ずっとホットカーペットの上にいると

水を飲みに行かないこともあるので、

部屋は暖房を効かせておくのもおすすめ。

 

 

そうすれば猫も寒くないので、

水を安心して飲みに行けます。

 

 

やっぱり猫って寒さがすごく苦手なんですね…。

 

 

我が家の猫もずっとホットカーペットと

ブランケットの間にいるので、

脱水にならないか心配になることはあります。

 

 

でも水飲み場を増やしてあげることで、

猫の脱水を防げるので、

ぜひホットカーペットの近くにも、

猫ちゃん用のお水を置いておいてくださいね。

 

 

留守番させる時は特に、水を猫の近くに

置いておくのがベストです。

 

 

もちろん先ほども説明したように、

ホットカーペットは最低温度に

設定しておいてくださいね!

 

まとめ

 

猫は寒さが苦手で暑さにすごく鈍感なので、

低温やけどをしてしまう場合があります。

 

 

そのため、電気毛布や床暖房、

ホットカーペットなどは、最低温度に設定して

低温やけどしないようしておきましょう。

 

 

また、猫は寒さのあまり、水を飲まずに

脱水状態になってしまう場合もあるので、

猫が寝ている近くに飲み水を

置いておくなどしておきましょう。

 

 

また、水を置いてある部屋を

暖房で暖かくしてあげる

という方法もおすすめですよ!

 

 

ぜひ冬場は猫ちゃんも快適に

過ごせるようにしてあげましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました