漂白剤が服についた!変色してしまった洋服をレスキューするには?

豆知識

 

塩素系の漂白剤が服についてしまい、

変色してしまった時は

どうすればいいんでしょうか?

 

 

1度変色してしまうと、

修復することはできないのか

気になりますね。

 

 

黒い服の場合は、自分でマジックを塗って

変色を直すのもあり・・・?

 

 

今回は、塩素系漂白剤が服について

変色した時の対処法を紹介します。

 

漂白剤で色落ちが!修復するためのペンがあるって本当なの?


 

うっかり塩素系漂白剤を

服につけてしまうと色落ちしたり、

変色してしまうことってありますよね。

 

 

筆者も以前、お気に入りだったスカートを

漂白剤で変色させてしまいました…。

 

 

でも、漂白剤で色落ちしても

修復できるペンがあるんですよ!

 

 

それが、布用の染色ペンです!

 

 

その名の通り

布専用に使える染色のペンなので、

色落ちしてしまった場所

塗っていけば修復が出来るんです。

 

 

ちょっとの変色や色落ちなら

ほとんど元通りになるので、

布用染色ペンはかなり便利で

おすすめですよ!

 

 

ユザワヤなどの手芸店でも購入できますが、

もちろんネットからの通販もOK!

 

 

おすすめ通販サイトはコチラです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

便利な染料 布用染色ペン/手芸用品 手作り ハンドメイド クラフト用品
価格:187円(税込、送料別) (2020/2/20時点)

楽天で購入

 

 

 

耐水性にも優れているので

洗濯しても安心です。

 

 

ちなみに漂白剤で

色落ちや変色をしてしまうと、

布用染色ペンを使わない限りは

やっぱり修復することが

出来ないんですよね…。

 

 

でも、変色や色落ちの規模によっては

布用染色ペンでは修復できない場合もある

のでご注意を。

 

 

また、クリーニング店によっては

『色掛け』というメニューがあるんですが、

これを頼めば色落ちしてしまった衣類を

染色してもらえる可能性も!

 

 

ただし、どこのクリーニング店でも

受け付けているわけではないので、

事前に色掛けをしているクリーニング店を

調べておくと良いですね。

 

漂白剤の色落ちをマジックで塗るのはどうなの?自己責任ならあり?

 

黒い衣類が漂白剤で

色落ちしてしまった場合は、

油性マジックで塗りつぶしてしまう

という方法があります。

 

 

確かに黒い服の場合は

色落ちがかなり目立たなくなりますが、

それでも完全に元に戻るわけではないです。

 

 

それに洗濯していくうちに

塗りつぶした部分が薄くなってしまう場合も!

 

 

ということで、あくまでも

服を油性マジックで修復を試みるのは

自己責任となってしまいます。

 

 

やっぱり塩素系漂白剤による

色落ちや変色って、そう簡単に

修復できるものじゃないんですね。

 

 

特に、色柄物が変色したり色落ちすると

ペンで修復するのが難しいので、

くれぐれも着ているものに付着しないよう

注意して、塩素系漂白剤を

使うようにしましょう。

 

 

筆者も塩素系漂白剤で

変色してしまった衣類は

部屋着として使うようにしたり、

泣く泣く捨ててしまった物もありました。涙

 

まとめ

 

 

漂白剤で衣類が変色してしまったら、

布用染色ペンを使って

修復するのがおすすめです。

 

 

また、真っ黒の服なら

マジックで塗りつぶしてもいいですが

キレイに修復できるかどうかは微妙なので

あくまでも自己責任となります。

 

 

クリーニング店によっては、色掛けなどで

染め直ししてもらえる可能性もありますが

変色の規模によってはそれも難しいので、

なるべく塩素系漂白剤を

服につけないように気をつけましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました