アイスの食べかけを再冷凍するって大丈夫?菌が増える?保存は可能?

豆知識

 

 

食べかけのアイスを再冷凍するのって

大丈夫なんでしょうか?

 

 

食べかけだと唾液がついているから

菌が繁殖してアイスが傷んでしまわないか

心配ですよね…。

 

 

それに、1度冷凍庫から出したアイスを

再冷凍するって、

やっぱり美味しさが半減してしまうもの?

 

 

今回はそんな、食べかけのアイスを

再冷凍しても大丈夫なのか

アイスを再冷凍する場合は

何か気を付けるべきことがあるのか

詳しく解説していきます。

 

 

 

アイスを食べかけで置くとどうなるの?菌が増える危険性は?

 

 

結論からいうと

食べかけのアイスを再冷凍しても

菌が増殖してしまうということはありません。

 

 

というのも、冷凍庫の温度は

基本的に-22℃~-18℃であり

この温度では菌が増えたり

活動したりすることができないんですね。

 

 

そのため、食べかけで

唾液がついたアイスであったとしても

再冷凍しておけば

菌が増殖することはないでしょう。

 

 

菌は基本的に

18℃以上でないと活動できないので、

冷凍庫の中ならアイスは

安心して保存できますよ。

 

 

アイスって意外と食べかけでも

再冷凍しても安全だったんですね!

 

 

筆者も子供の頃、食べ切れなかったアイスを

もう一度冷凍庫に入れ、

再冷凍したことがありましたが

その後食べた時も

別になんともなかったので

菌の繁殖については

心配しなくても大丈夫なんですよ!

 

 

ただ、やっぱり唾液がついたアイスは

やっぱり不衛生に感じますよね…。

 

 

そのため、もしアイスを

食べ切れそうにない場合は

まずお皿に食べられる分だけを取り分けて

残りを冷凍庫にしまっておくようにすると

良いでしょう。

 

 

 

アイスの食べかけを保存するのはあり?気を付けることはある?

 

 

アイスの食べかけを保存するのは

菌が繁殖することはありませんが

風味が落ちてしまうので

出来ればやめた方が良いんですよね…。

 

 

やっぱり1度冷凍庫から出して

食べ始めて少し溶けてしまったアイスは

再冷凍しても良いのですが

美味しさは半減してしまいます。

 

 

そのため、先ほども説明したように

アイスは食べ切れそうにない場合は

取り分けてから食べるのが

ベストと言えるでしょう。

 

 

また、もしアイスを再冷凍した場合は

なるべく早く、翌日中には残ったアイスを

食べるようにすると良いですよ。

 

 

そうしても食べかけのアイスを再冷凍すると

どんどん美味しさが落ちていってしまうので

早めに食べるのがおすすめなんです。

 

 

確かに筆者も

食べかけのアイスを再冷凍して翌日食べたら

なんだかちょっと味が

落ちているような気がしてました。

 

 

やっぱりアイスも鮮度が命なので

再冷凍しても大丈夫ですが

ぜひ早めに食べるようにしていきましょう。

 

 

ちなみに、アイスって

基本的に賞味期限はありませんが

やっぱり何ヶ月も

冷凍庫に入れたままにしておくと

さすがに冷凍焼けしてしまいます。

 

 

そのため、賞味期限がないからといって

安心せずに、なるべくアイスも

早めに食べると良いですね。

 

 

特に冷凍庫は開け閉めすることによって

庫内の温度が

高くなってしまうこともあるので

ぜひアイスは早めに食べるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

アイスは食べかけのものを再冷凍しても

温度が低いため

菌が繁殖することはありません。

 

 

でも再冷凍したアイスは

風味が格段に落ちてしまうので

出来れば最初に食べられる分だけ

取り分けておくのが良いでしょう。

 

 

そして、もし食べかけのアイスを

再冷凍したら、翌日には

食べ切るようにしてくださいね。

 

 

食べかけのアイスを

ずっと冷凍庫に入れておくと

どんどん風味が落ちていくので

注意しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました