\ ポイント最大10%アップセール! /

作り置きに便利!温野菜の正しい保存方法と賞味期限の目安

最近では、ダイエットにも効果的な

温野菜がとても流行っていますよね!

保存方法も簡単とのことで、便利なんだとか。

普通に野菜を保存するよりも長持ちしやすく、

きちんと保存さえしてしまえば

どんな料理にでも使えます。

そこで今回は、

温野菜の保存方法や保存期間についてご紹介します♪

目次

美味しさを保つ温野菜の保存方法とは?冷蔵・冷凍する時の3つのコツ

温野菜は冷凍保存ができるため、

とても便利なものとされています。

もちろん冷蔵保存もできますが、

個人的には冷凍保存をおすすめしたいです。

まず最初に、冷蔵保存の際の

3つのコツをご紹介致します。

  1. 温野菜にしたあと容器ごと冷水or氷水で冷やす
  2. 空気は遮断する(密封できるものに保存)
  3. 冷蔵庫の温度設定に気を付ける(温度は低ければ低いほど◎)

冷蔵庫で保存する際は、この3つを意識すると

美味しく長持ちします♪

そして冷凍保存の場合は、野菜を固めに茹でて

ジッパー付きの冷凍用ビニール袋に入れて

保存しましょう。

保存の際は、袋に日付を書いておく

使いやすいですよ。

作り置きで節約!温野菜の保存期間はどのくらい?

温野菜の冷蔵保存は、

約1~3日ほどとなります。

冷蔵保存なのでどうしても

長持ちさせることはできません。

なるべく早めに使い切るようにしましょう。

一方で冷凍保存の場合は、

3週間ほどであれば美味しく頂けます。

風味を気にしないのであれば

もう少し持つでしょうが、

美味しく食べたいのであれば

こちらも早めに使い切るようにしてください。

温野菜を使ったレシピをご紹介♪

★中華鍋で温野菜

材料)

  • チンゲン菜
  • 赤パプリカ
  • 黄パプリカ
  • ズッキーニ

作り方)

  1. 野菜を好きな大きさに切る
  2. 鍋に1/3以上の水を入れ、塩と油を加えて煮立たせる
  3. 切った野菜を入れて茹でる
  4. 野菜毎に茹で、茹ですぎない程度に取り出す
あわせて読みたい
中華鍋で温野菜 by Cartizze ジューシーでピカピカの野菜に仕上がります。

★温野菜のサラダ

材料)

  • ブロッコリー
  • にんじん
  • しめじ
  • ドレッシング(お好み)

作り方)

  1. ブロッコリーを小房に分け、シリコンスチーマーに入れて2~3分レンジで加熱
  2. ニンジンを拍子木切りにして同じく3分加熱
  3. しめじの石づきの部分を切り落としてほぐし、同じく2分加熱
  4. お皿に盛り、お好みのドレッシングをかけて完成
あわせて読みたい
温野菜のサラダ by 手作り工房 レンジで作るサラダです。 シリコンスチーマーを使ってレンチンするだけ!

以上の2品は、とても簡単に美味しく作れるので

ぜひ試してみてくださいね。

また、温野菜を作る際にシリコンスチーマーは

1つあると大変重宝するものなので、

ぜひ購入を検討してみてください♪

まとめ

温野菜の保存方法や保存期間について

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

温野菜のおすすめの保存方法は

冷凍保存となります。

冷蔵でも構いませんが、保存期間が短いため

覚えておきましょう。

温野菜を使う際には、上記のレシピも

是非参考にしてみてください。

温野菜を食べて健康に過ごしましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる