アメニティの持ち帰りはどこまでOK?きちんとしたいホテルマナー

マナー・ルール

 

旅行の際、ホテルに泊まったときに

アメニティの持ち帰りはどこまでOKなのか…。

と気になったことはありませんか?

 

 

持ち帰りができるものは、

とりあえず持ち帰りたいですよね。

 

 

しかし、当たり前ですが

持ち帰りできるものは決まっています。

 

 

今回は、ホテルのアメニティの

持ち帰りについてご紹介します。

 

ホテルのアメニティで持ち帰りできるのはどこまで?ボールペンはどっち?

 

先ほどもご紹介した通り、

ホテルのアメニティには

持ち帰りできないものがあります。

 

 

よく、ボールペンは持ち帰ってもいいの?

と耳にするのですが、

ボールペンはホテルのロゴ入りであればOK

ロゴのないものはNGなんだとか。

 

 

しかし、ホテルによってもルールが違うので、

チェックアウトの際に確認を取ってみましょう。

 

 

アメニティ(持ち帰りOK)なものであれば、

わかりやすいようにパッケージに入っていたり

することが多いです。

 

 

例えば、バスグッズは持ち帰りOKですし、

リラックスグッズも持ち帰りOKです。

 

 

もし「これって持ち帰りOKなのかな?」

と思うものがあるようでしたら、

ボールペン同様、ホテルに確認を取ってから

持ち帰るようにしましょう。

 

ホテルのアメニティ持ち帰り!ミニボトルはOK?大きいボトルはNG!

 

ホテルのアメニティでよく見かけるものと言えば、

「ミニボトル」と「大きいボトル」です。

 

 

ミニボトルは基本的に

持ち帰りOKな物が多いですが、

大きいボトルは持ち帰りNGです。

 

 

ホテルの備品なので、

絶対に持ち帰らないでくださいね!

 

 

その他にもバスタオル、フェイスタオル、

バスマット、バスローブ、電化製品などは

お持ち帰りNGなので覚えておきましょう。

 

 

当然と言えば当然ですが……。

 

 

また、持ち帰りOKのアメニティの見分け方は、

「使い切りアイテムかどうか」を見てみると

わかりやすいでしょう。

 

 

使い切りでないものは

基本的にホテルの備品であることが多いので

気を付けてくださいね。

 

 

ただし、使い切りでないタイプでも、

「持ち帰りOK」と記載されているものであれば

持ち帰りできるので、その場合に限り

持ち帰っちゃいましょう♪

 

まとめ

 

ホテルのアメニティの持ち帰りについて

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

アメニティの持ち帰りの見分け方である

「使い切りアイテムかどうか」さえ覚えておけば、

基本的には困ることはないでしょう。

 

 

持ち帰ってもいいものなのか悩んだ際は、

必ずホテルに確認を取ってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました