ケンタッキーがカリカリじゃないなんていやだ!冷めたチキンの救助法

豆知識

 

ケンタッキーのフライドチキンって、

冷めてしまうと

カリカリじゃなくなってしまいますよね…。

 

 

やっぱり

あのカリカリした衣が美味しいのに、

べちゃっとしてしまうとおいしさが半減…。

 

 

どうにか出来立ての食感を

復活させられないものでしょうか?

 

 

今回はそんな、

ケンタッキーのチキンを

カリカリに復活させる方法を大公開!

 

 

冷めたフライドチキンも

とっても美味しく食べられますよ。

 

みんな大好きケンタッキー!チキンをカリカリにすることはできるの?

 

ケンタッキーのチキンって

カリカリで本当に美味しいですよね。

 

 

でも、持ち帰りをしたり、

余ったものを翌日に食べようとすると、

衣がベチャっとなってしまい、

美味しさが半減してしまいます…。

 

 

そんな時は、

フライパンや魚焼きグリル

使ってみましょう!

 

 

では、

それぞれの詳しいやり方を紹介しますね。

 

フライパンでチキンをカリカリにする

 

油をひかず、クッキングシートを敷いて、

その上にチキンをのせて

弱火で加熱していきます。

 

片面をそれぞれ3~4分くらい

じっくり加熱したら、

クッキングシートを外して

表面がカリッとするまで焼き上げればOK!

 

 

ジューシーで外はカリッとした、

出来立ての美味しさが復活しますよ。

 

魚焼きグリルで加熱する

 

冷めてしまったチキンは、

魚焼きグリルに入れ、

弱火で2~3分ほど加熱していきましょう。

 

 

ただし、グリルを使うと焦げやすくなるので、

こまめに様子を見て

焦がさないようにしましょう。

 

 

冷めてしまっても、意外と簡単な方法で

カリカリの衣にすることが出来るんですね!

 

ケンタッキーは冷めるとべちゃべちゃに!カリカリに復活させるには?

 

冷めてしまったケンタッキーの

チキンを復活させるには、

レンジとオーブントースター

使う方法もあります。

 

 

まず、電子レンジでチキンを

30秒~1分ほど加熱しましょう。

 

 

そして、が十分に温まったら、

今度はトースターにアルミホイルを敷き、

チキンをその上に置いて

5分~8分ほど加熱してください。

 

 

すると、フライパンで加熱した時みたいに、

外はカリッと中はジューシーなチキンになり、

冷めても安心して美味しく食べられますよ!

 

 

ちなみに

レンジでチキンを加熱する際は、

キッチンペーパーを下に敷いておくと、

余分な油をカット出来ておすすめです。

 

 

もちろんフライパンで加熱する方が

やりやすいようならそれでもOK!

 

 

無理にレンジとトースターで

チキンを加熱する必要もないので、

フライパンやグリルなど、

自分のやりやすい方法で

チキンを加熱してみてくださいね。

 

 

ちなみに筆者的には

レンジとトースターで焼くのがおすすめです!

 

まとめ

 

ケンタッキーのチキンが冷めてしまい、

カリカリでなくなってしまったら、

フライパンや魚焼きグリル、レンジ、

もしくはトースターで仕上げる方法がおすすめ。

 

 

いずれの場合も、

べちゃっとしてしまった衣を

カリカリに復活させられるので、

冷めてしまっても安心して食べられますよ!

 

 

ケンタッキーを買ったら、

ぜひ試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました