シールの取り残しの取り方は?きれいに取れないシールの対処法!

豆知識

 

何か新しい物を買った際に

ついてくるものと言えば、

「シール」です。

 

 

シールのベタベタの取り残し…。

地味にイライラしますよね…。

 

 

私も何度あのベタベタに

悩まされたことか…。

 

 

そこでシールの取り残しについて調べてみると、

簡単にベタベタを取れる方法があることが

わかりました♪

 

 

今回は、シールのベタつきの取り方などを

ご紹介します。

 

シールのベタベタの取り方を知りたい!きれいにするには?

 

 

シールのベタベタを取る方法で

最適なのが「温める方法」です。

 

 

シールは粘着力のあるものなので、

熱に弱いです。

 

 

ドライヤーをベタベタ部分に当て、

温めてみてください。

 

 

そうすると、端の方から

剥がしやすくなります♪

 

 

またその際に、クレンジングオイル

隙間に垂らし込むことで、

よりシールのベタベタが

取れやすくなります。

 

 

その他でおすすめの方法は

ハンドクリームを使う方法です。

 

 

ベタベタ部分にハンドクリームを馴染ませて

少し放置しておくと、

何故かシールがペロンと剥がれます。

 

 

とても簡単なので、

是非試してみてください♪

 

シールのベタベタにエタノールが効くって本当?とり方は?

 

 

シールのベタベタを取る方法は、

熱やオイル、ハンドクリーム以外にもあります。

 

 

それは、「エタノール」です。

 

 

それでは、エタノールで

シールのベタベタを取る方法を

ご説明いたします♪

 

 

1)エタノールをいらない雑巾や

キッチンペーパーなどに含ませる

 

2)シールのベタベタ部分を

エタノールを含ませた雑巾で押さえる

 

3)この際、 ベタつきを取れやすくするため

数分間押さえておく

 

4)最後に拭きとったら完了!

 

 

エタノールというと

家にないイメージかもしれませんが、

消毒用のアルコールスプレーなどには、

エタノールが70%程含まれています。

 

 

消毒用スプレーでも代用できるので、

エタノールが配合されているか確認を。

 

 

ちなみに、この方法はお酢でも代用できます。

 

 

ただし、お酢を使うと

匂いが移る可能性があるのですが、

エタノールではその心配がありません。

 

 

私もエタノールを試してみましたが、

確かにベタつきが取れました!

 

 

焦って擦ったりすると

更に取れにくくなってしまうので、

冷静な対処を心がけましょう。

 

まとめ

 

シールのベタベタを取る方法を

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

どれも身近なアイテムで取れるものなので、

焦らずに対処しましょう。

 

 

ドライヤー、オイル、ハンドクリーム、

エタノール、お酢…。

どれか一つは家にありますよね。

 

 

シールのベタベタが取れない!

という方は、是非参考にしてみてください♪

 

タイトルとURLをコピーしました