蛍光灯の紐が切れた!これって直るの?どこに頼んだらいい?

豆知識

 

蛍光灯を点けたり

消したりする紐が切れた場合、

直すのにはどうすれば

いいんでしょうか?

 

自分で直すのって難しそうですよね。

 

そこで今回は、蛍光灯の紐が切れた時の

正しい対処法を紹介します。

 

蛍光灯の紐が切れたら!アパートの場合は管理人さんに言うべき?

 

アパートなど賃貸物件に

備え付けの蛍光灯の紐が切れたら、

自分で直したり部品を新しく買って

取り付けようとせず、

まずは管理会社に相談しましょう。

 

 

最近の賃貸物件は、大家さんがいたとしても

色々な手続きは管理会社に

任せていることが多いので、

管理会社への直接の連絡がおすすめですよ。

 

 

物件に備え付けられている蛍光灯の紐

照明部品の劣化などによって切れた場合、

管理会社側が修理のために業者を手配したり、

費用を負担することになっています。

 

 

ただし自分で取り付けた蛍光灯の紐

切れてしまったのでしたら、

自分で修理業者を手配して

料金も自費負担になります。

 

 

ということで、

切れた紐の蛍光灯の修理に関しては、

物件の備え付けのものかどうかで

話が変わってきます。

 

 

ただ、たとえ備え付けのものであっても

故意に蛍光灯の紐を切ってしまった、

もしくは乱暴な取り扱いをして

故障や破損させてしまったという場合も、

当然ながら修理費用は管理会社ではなく

入居者の負担になってしまうので

気を付けましょう。

 

蛍光灯の紐が切れたのは業者に頼める?誰に頼めばいいの?

 

物件に備え付けの蛍光灯ではなく、

自分で取り付けた蛍光灯の紐が

切れてしまった場合でも、

自分で直すより、業者に頼んで

修理してもらうことをおすすめします!

 

 

というのも、本当にただ

紐が切れてしまっただけなのか、

もしくは照明そのものが

劣化したり故障してしまい、

それによって紐も切れてしまったのかが、

素人目には判断できないからです。

 

 

もちろん、紐を蛍光灯に取り付けることは

素人でもできなくはないんですが、

ヘタに照明をいじくってしまえば、

余計に壊れてしまったり、

感電漏電の危険性も考えられます。

 

 

単に紐が切れてしまっただけなら

自分でも直せますが、

部品が劣化していたり故障していると、

どうにもできませんからね…。

 

 

そこでやっぱり、業者に頼むのが

一番手っ取り早いし無難なんですよね。

 

 

修理を依頼するのは、

近くにある電気工事業者がいいでしょう。

 

 

ネットでお住まいの地域から

電気工事業者で検索してみてください。

そうすれば最寄りの業者が見つかりますよ。

 

 

もしくは、蛍光灯を購入した

家電量販店に相談してみましょう。

 

 

確かに修理費はかかってしまうけれど、

確実かつ安全に直すことが出来るので、

無理せずプロに頼ってくださいね。

 

まとめ

 

蛍光灯の紐が切れてしまった場合は、

物件の備え付けのものでしたら

管理会社に相談するのがベスト。

 

 

普通に照明を使っていて、

劣化などで紐が切れた場合は、

管理会社側で修理業者も手配して

費用も負担してくれますよ。

 

 

また、自分で取り付けた

蛍光灯の紐が切れた場合も、

近くの電気修理業者などに依頼して、

直してもらうのが一番です。

 

 

素人がいじると故障を

悪化させてしまうこともあるので、

十分に気を付けましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました