とろけるチーズってそのまま食べても大丈夫?加熱した方がいいの?

豆知識

 

とろけるチーズって焼いたり加熱せずに

そのまま食べてもいいんでしょうか?

 

 

でもとろけるチーズは

加熱用に作られているから、

そのままで食べるのは

ちょっと不安ですよね…。

 

 

そこで今回は、とろけるチーズは

そのまま食べてしまっても良いのか、

食中毒などが起きたりはしないか

ご紹介します。

 

 

とろけるチーズで食中毒の心配ってあるの?そのまま食べるのはNG?

 

結論から言うとズバリ、

とろけるチーズをそのまま食べると、

食中毒になってしまう可能性も

大いにあります。

 

 

プロセスチーズと食品表示欄に

表記されているものでしたら、

そのまま加熱せずに食べても問題ありませんよ。

 

 

ただし、プロセスチーズでない、

ナチュラルチーズと表記のある

とろけるチーズは加熱が必要

 

 

特にシュレッドチーズと呼ばれる、

ピザのトッピングに使われるような

細かいチーズなどは、工場での製造過程で、

十分に殺菌処理がされていないため、

リステリア菌という雑菌が潜んでいる可能性も!

 

 

トッピング用のチーズは絶対に

生で食べてはいけないんですね。

 

 

食べてしまうと食中毒を起こしてしまう

可能性もあるので、くれぐれもそのままではなく、

必ず加熱して食べるようにしましょう。

 

 

でも、そもそもトッピング用のチーズって、

加熱せずにそのまま食べても

全然美味しくないんですよね…。

 

 

美味しくなおかつ安全に食べるためにも、

トッピング用チーズはちゃんと加熱をしましょう。

 

 

とろけるチーズは体に悪い?やっぱり加熱してから食べる方がいい?

 

先ほども少し触れたように、

プロセスチーズであれば、

十分な殺菌処理が施されているので、

加熱をしなくても食べることはできます。

 

 

ただしとろけるチーズは基本的に、

加熱することを前提に作られているため、

そのままで食べても美味しくなく、

粉っぽいような食感がするんですよね…。

 

 

筆者も子供の頃、とろけるスライスチーズを

生で食べたことがありましたが、

それもあんまり美味しくなかったような記憶が…。

 

 

やっぱりとろけるチーズは

きちんと加熱をして食べましょう!

 

 

その方が断然にチーズを美味しく

食べることが出来ますよ。

 

 

ちなみに、プロセスチーズと

ナチュラルチーズの主な違いは、

加工がされているかそうでないか。

 

 

プロセスチーズはナチュラルチーズを加工したもので、

加熱殺菌処理もしっかり行われているので、

そのまま食べることが出来るんですね。

 

 

もちろんナチュラルチーズであっても、

そのまま食べることが出来るものもあります。

 

 

でもとろけるチーズという名目で

販売されている場合は、加熱をした方が良いので、

やっぱりとろけるチーズは基本的に要加熱。

 

 

チーズは種類によって、加熱するか

そのまま食べるか判断すると良いんですね。

 

 

まとめ

 

 

とろけるチーズは基本的に

加熱前提で作られているため、

加熱をして食べた方が断然美味しいですよ。

 

 

特にシュレッドチーズと呼ばれる

ナチュラルチーズの一種は、

そのまま食べるとリステリア菌という

菌がいる可能性があるので、最悪の場合、

食中毒を起こす可能性もあります。

 

 

プロセスチーズなら

そのまま食べてもいいですが、

やっぱりとろけるチーズは

加熱して食べるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました