アイロンがだめでシワが取れない!ポリエステルのシワはどうする!?

豆知識

 

アイロンがけをしても

ポリエステルの衣類って

なかなかシワが取れないんですよね…。

 

 

こんな時、ストレスなくシワを伸ばすには

どうしたらいいんでしょうか?

 

 

そこで今回は

ただでさえ面倒なポリエステル

アイロンがけを簡単にする

おすすめのシワ伸ばし方法を伝授します!

 

ポリエステル100パーセントのしわって困る…アイロンNGはどうすれば?

 

ポリエステル100パーセントの衣類は

とにかくシワが取れないので

本当に困るし、イライラしませんか?

 

 

アイロンしてもダメだったり

そもそもアイロンNGなものの場合も

あるでしょう。

 

 

そんな時は、ぜひ蒸気の力

シワを伸ばしていきましょう。

 

 

まずは、浴室全体にお湯をかけて

湿気のある状態にし、そこに

ポリエステル100パーセントの衣類を

干し、換気扇を回しておいてください。

 

 

ポリエステルは湿らせてから乾かす

シワにならない性質を持つので

アイロンなしでもOKなんですよ。

 

 

ちなみに、

スーツのジャケットなどのシワも

この方法で伸ばせるので

しわくちゃになってしまったスーツには

ぜひお試しを!

 

 

また、浴室で干さなくても

ポリエステル100パーセントの衣類には

シュシュッと水を霧吹きしてから

風通しのいい場所に干しておくだけでも

同様の効果が得られます。

 

 

ということで、アイロンが出来ない

ポリエステル100パーセントの服には

湿らせて乾かすという方法を

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

筆者も、夫のワイシャツを

浴室で干してみたら

シワが気にならなくなったことがあるので

かなりおすすめです。

 

ポリエステルにシワ取りスプレーは使えるの?簡単にしわを取る方法!

 

シワが取れない時は

シワ取りスプレーを使うと

良い場合もあるんですが、

ポリエステル素材だと成分が浸透しないので

実はあまり効果がないんですよね…。

 

 

そこで、アイロン使用OKの場合には

アイロンがけの仕方を

ちょっと工夫してみましょう。

 

 

そうすればポリエステルでも

シワが伸ばせるので、

以下のポイントに気を付けて

アイロンがけをしてみてください。

 

中温以下に設定する

 

アイロンは中温以下に設定しておくと、

生地を傷める心配もなく

シワも伸ばしやすいです。

 

当て布をしながら短時間でアイロンをかける

 

ポリエステルの服を

キレイにシワ伸ばしするなら

当て布をしてからササっと

短時間でアイロンをかけること。

 

やっぱりポリエステルって

熱に弱く傷みやすいので

当て布をしておくことでそれを防げます。

 

ポリエステルの場合は

ササっとアイロンがけをするのが

正解なんですね!

 

筆者はついつい、何度もアイロンを

往復させてかけていました(笑)。

 

 

***

でも、アイロンがけが苦手だけど

なるべくポリエステルの服には

シワがつかないようにしたい

という場合もありますよね…。

 

 

そんなときは、先ほどご紹介した

「干し方」を考え直す方法も良いですが、

以下のコツを押さえて

「洗濯の仕方」も意識していきましょう。

 

たたんで洗濯ネットに入れる

 

シワを伸ばすのが面倒なポリエステルの服は

洗濯する際、たたんでネットに入れてから

洗濯しましょう。

 

すると、かなりシワになりにくいので

おすすめですよ。

 

脱水時間は短く!

 

脱水の時間が長いと

どうしてもシワが寄ってしまうもの。

 

極力、脱水の時間を短くして

シワにならないようにしましょう。

 

柔軟剤を使う

 

柔軟剤はポリエステルの服であっても

繊維を柔らかくしてくれるので

頑固なシワが寄るのを防いでくれますよ。

 

***

シワを簡単に伸ばすには

以上のちょっとしたコツを

押さえると良いので

ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

 

アイロンがけをしても

ポリエステルの服のシワが取れない時は

少し湿らせて風通しのいい場所に干すか、

アイロンのかけ方を

変えてみるのがおすすめです。

 

 

シワ伸ばしのスプレーはあまり効かないので

シワが服に寄らないようにするために、

洗濯の仕方も工夫すると良いですね。

 

 

ちょっとしたコツで大きく変わるので、

ぜひ気軽に試してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました