子供に浴衣を着せるのは何歳から?着丈が長すぎるのはどうすれば!?

子育て

 

子供に浴衣を着せたいけれど、

一体何歳くらいから浴衣を着せることが

出来るんでしょうか?

 

 

サイズが合うかなと思って買った

浴衣の着丈が長すぎる場合は、

どうしたらいいのかもよく分かりませんよね…。

 

 

そこで今回は、

子供には何歳から浴衣を着せることが出来るのか

また浴衣の着丈が長すぎるときの対処法

紹介していきます。

 

 

子供の浴衣ってかわいい!何歳から着る?着丈はどれぐらいがいいの?

 

子供の浴衣はだいたい3~4歳くらいになれば

着られるようになります。

 

 

筆者の子供も幼稚園の頃から

浴衣を着させましたよ!

 

 

だいたい幼稚園に通い出した頃を目安にして、

浴衣を買ってあげるようにするといいですね!

 

 

小さい子用の浴衣もたくさんあるので、

ぜひ可愛らしい浴衣を選んであげてください。

 

 

でも問題となるのが、浴衣のサイズや着丈など。

 

 

基本的には子供の浴衣の場合、

くるぶしが出るか出ないかが

理想の着丈なんですよね。

 

 

ただ、小さいお子さんの浴衣の場合は、

少し大きめのサイズの浴衣を

購入するのがおすすめなんですよ。

 

 

というのも、ピッタリの着丈やサイズの浴衣を

購入してしまうと、子供の成長って早いので、

翌年にはもう着られなくなっている場合も!

 

 

せっかく浴衣を買うのですから、

翌年もその次も楽しめるように、

なるべく少し大きめの浴衣を

購入しておくといいでしょう。

 

 

だいたい小さい子供の浴衣の着丈は

100㎝~130㎝のものがあるのですが、

実際にお子さんの体に合わせてみて、

少し長いかな?と思うくらいのものを選びましょう。

 

 

着丈が長い場合は調節すればOKなので、

翌年も着られてとっても安心なんですよ。

 

 

では続いては、その着丈が長い場合の

調節の仕方をご紹介します。

 

 

子供の浴衣が長すぎるのは?上手な着せ方と着丈の調節方法!

 

子供用の浴衣の着丈が長すぎる場合は、

腰揚げといって、丈を身長に合うように

縫い付ける方法があります。

 

 

女性の場合、着物や浴衣を着る際に

『おはしょり』といって、

着丈を身長に合わせる着方をするんですが、

腰上げの場合はこの『おはしょり』を

縫い付けてしまう方法なんですよね。

 

 

腰揚げの詳しい方法に関しては、

下記のサイトを参考にしてみると良いですよ!

 

 

子供浴衣のサイズ合わせ。子ども浴衣の腰揚げ。|キモノ-着るなら.com
子どもの浴衣が長い場合。浴衣の着丈は、腰揚げで調節します。キッズゆかたの腰揚げについてと方法。「キモノ着るなら」浴衣(ゆかた)特集。

 

 

確かに腰揚げしてしまえば、

着丈が長かったとしても、

ちょうどいい着丈にすることが出来ますね!

 

 

ちなみに着付けが出来るのでしたら、

腰揚げで縫い付けなくても『おはしょり』をして、

着丈を調節しても大丈夫ですよ!

 

 

でも着付けってなかなか難しいし、

子供はよく動くので、『おはしょり』をするよりも、

腰揚げをしてしまった方が楽なんですよね。

 

 

ちなみに腰揚げをしておいた場合でも、

翌年はまた糸をほどいて

腰揚げをし直してしまえば、

またちょうどいい着丈にすることが

出来るのでおすすめですよ!

 

 

念のため、腰揚げではなく、

おはしょりをした場合の着付けを紹介した

サイトへのリンクを貼っておくので、

ぜひ参考にしてお子さんに浴衣を

着せてみてくださいね!

 

 

浴衣の着付け方
浴衣ドレスを着て、子供たちとお祭りや夕涼み会など夏のイベントに出かけよう。古典柄やレトロモダンな柄やデザインなど子供浴衣ドレスの魅力についてご紹介します。

 

 

まとめ

 

 

子供は3~4歳から浴衣を着ることができ、

着丈はくるぶしが出るか出ないかくらいが理想。

 

 

でも子供の成長は早いので、

少し大きめのサイズの浴衣を買い、

腰揚げやおはしょりなどをして

着丈を調節するようにしましょう。

 

 

すると翌年も着られるので

とっても安心ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました