もしかして中毒!?コーラを無性に飲みたいと思うのはなぜ?

豆知識

 

コーラが無性に飲みたい!

と思っても

砂糖はたくさん入っているし

何より、

 

 

飲みすぎると骨が溶ける

 

 

というがあるから

なんだかちょっと怖いですよね…。

 

 

でもコーラを飲むと

本当に骨が溶けるんでしょうか?

 

 

また

無性にコーラが飲みたくなるのって

やっぱり中毒になっている!?

 

 

今回は

知られざるコーラに関する噂の真相

解明します。

 

 

 

徹底調査!コーラを飲むと骨が溶けるという噂の真相は?

 

 

子供の頃に親からよく

コーラを飲むと骨が溶けるよ!

と言われたことはありませんでしたか?

 

 

確かにコーラをたくさん飲むと

骨が溶けるって

割と知られている噂ですよね。

 

 

実は

骨や歯の主成分である炭酸カルシウム

コーラをはじめ、ジュースなど

清涼飲料に含まれる酸味料によって、

溶けてしまう性質を持っているんです。

 

 

 

実際、魚の骨を

長時間コーラに浸けておくと

溶けてしまった、という実験結果もある

くらいなんですよ。

 

 

でもご安心を!

 

 

これはあくまで

コーラなど清涼飲料水に、

骨を直接浸しておいた場合に限りです。

 

 

普通にコーラなどを飲む分には

食道や胃腸の中を通るんですから

骨に直接当たるわけではないんですよね。

 

 

また

コーラを多少飲んだくらいでは

歯が溶けるようなこともありません。

 

 

なにより口にコーラを含んだ時点で

唾液などによって

コーラの酸味料は薄まっていくので

より骨や歯を溶かす作用は

弱くなっていくでしょう。

 

 

つまり噂は本当だったけれど

普通にコーラを飲む分には問題なし

という真相でした。

 

 

これで安心してコーラが飲めますね!

 

 

ただ

コーラは甘味料を多く含むため

飲み過ぎには要注意!

 

 

 

糖分過多になってしまうので

太りやすくなり

ダイエットを妨害してしまうことに

なりますよ!

 

 

しかも

糖分を大量に摂取してしまうことによって

砂糖依存症になってしまうリスクも

あります。

 

 

そうなると

イライラしやすくなったり

疲れやすくなったりするので

何かと厄介ですね。

 

 

また、コーラには

カフェインも多少入っているので

コーラをたくさん飲むということは

砂糖だけでなく

カフェイン中毒になってしまう可能性も!

 

 

もちろんコーラに限らず

サイダーとかジュースとかも

糖分が多いので

くれぐれも飲み過ぎないようにしましょう。

 

 

筆者もなるべく

ジュースなど砂糖が入った飲み物は

極力飲まないようにしています。

 

 

甘いものがもともと好きなので

せめて飲み物から

糖分を摂取するのはやめようと思い

お茶とか水を中心に飲んでいます。

 

 

 

実はコーラが体にいい!?気になる驚きのメリットとは!?

 

 

飲めば何かとリスクのあるコーラですが

節度を持って飲みすぎなければ大丈夫。

 

 

毎日ペットボトル1本

飲むのはいけませんが、

週1のペースくらいなら問題ないでしょう。

 

 

それに、

摂取をしすぎなければ、

コーラの意外な健康効果

得ることができます!

 

 

まずコーラに含まれる

胃の働きを良くする効果が期待されますし、

コーラそのものは水分糖分が主なので、

実は脱水症状対策にとっても有効。

 

 

海外ではノロウイルスなど

胃腸の病気に感染した時は、

糖分と水分を手軽に摂取できるため、

コーラを飲む人が多いんですよ。

 

 

特に胃腸の病気ともなれば、

食欲もないし下痢をして、

脱水症状に陥りやすいんです。

 

 

そこでコーラを飲めば、

手軽に水分と糖分を得られる、

というワケだったんですね。

 

 

ある意味、

スポーツドリンクと同じような役割

なんでしょう。

 

 

ということで、コーラは

脱水症状を防ぎたい場合や

本当に時々飲むようにするのが

良いんですね。

 

 

 

まとめ

 

 

コーラが無性に飲みたくなるのは、

砂糖やカフェインによって

中毒になってしまっている場合も!

 

 

でも、

コーラは飲みすぎると肥満を招くし、

依存症になってしまうので

気を付けましょう。

 

 

風邪をひいて食欲がない時とか、

下痢が続いて脱水症状が心配な時に

飲むといいですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました