クーラーボックスで氷はどれぐらいの時間もつ?長持ちの秘訣とは!?

豆知識

 

クーラーボックスを入れると、

一体どれくらいの時間もつのでしょうか?

 

 

また、そもそもクーラーボックスの

効果を長持ちさせるには、

氷をどれくらい入れるといいものかも

よく分かりませんよね。

 

 

そこで今回は、

クーラーボックスの保冷効果を

長持ちさせる方法をご紹介。

 

 

ぜひアウトドアの時などのために

覚えておくといいですよ!

 

 

クーラーボックスの氷って量はどれぐらい入れるもの?基本の使い方!

 

クーラーボックスの大きさにもよりますが、

保冷効果をより高めるには、

クーラーボックスの容量の、

約20%の氷や保冷剤を入れておくのがベスト!

 

 

つまり、あまりたくさん氷などを入れ過ぎなくても、

容量の2割くらいの氷を入れておくだけで、

十分に保冷効果をしっかり得ることが出来るんですね。

 

 

確かにあんまり氷や保冷剤を入れ過ぎてしまうと、

今度は冷やしておきたいものが

入れられなくなってしまうかも!

 

 

そのため、くれぐれも保冷剤は

入れ過ぎないようにしましょう。

 

 

だいたいクーラーボックスの2割程度の氷で十分なので、

ぜひこのことを覚えておくようにするといいですよ!

 

 

ちなみに、クーラーボックスの

20%くらいの氷を入れておけば、

だいたい数時間~1日は保冷しておくことが出来るので、

アウトドアの時なども食材や飲み物を

しっかり冷やしておけますね!

 

 

ただし数時間~1日保冷効果が持続するのは、

クーラーボックスの開閉を全くしなかった場合のこと。

 

 

そのため、クーラーボックスはなるべく

開閉回数を少なくするようにしましょう。

 

 

そうすればしっかり保冷効果が持続しますよ!

 

 

ちなみにクーラーボックスではなく、

もっと小さめの保冷バッグの場合も、

だいたい容量の20%の保冷剤を入れておけば、

4~5時間は保冷効果が持続するので

とっても安心ですよ。

 

 

保冷バッグに1人前のお弁当などを

中に入れておく場合は、

保冷剤を1~2個入れておけば、

十分お昼まで保冷することが出来ます。

 

 

クーラーボックスは、氷を入れ過ぎたり、

かと言って少な過ぎたりしないように

注意しましょう。

 

 

クーラーボックスに氷と塩を入れると?冷えを長持ちさせる方法!

 

クーラーボックスに入れた氷を長持ちさせるには、

氷に塩をかけておくようにしましょう。

 

 

すると氷の温度を0℃以下に下げることが出来るので、

よりクーラーボックスの中が冷やされて、

保冷効果を持続させられるんですよ!

 

 

特に、あまり冷えていない飲み物を

クーラーボックスに入れて冷やす際に、

塩を氷の上にたっぷりとかけてから、

飲み物を入れて冷やしましょう。

 

 

すると、だいたい15分くらい経てば、

飲み物もキンキンに冷えるように

なるのでおすすめです。

 

 

でも塩でよりクーラーボックス内が冷えるなんて、

すごく簡単な方法でいいですよね!

 

 

アウトドアなどで後から買ってきた

飲み物を冷やしておきたい場合は、

ぜひこの方法で、氷の保冷効果を高めて、

飲み物などを冷やしていくようにすると

良いでしょう。

 

 

まとめ

 

 

クーラーボックスは容量の20%

氷や保冷剤を入れておき、

なるべく開閉を少なくすれば、

数時間~1日は保冷効果が持続します。

 

 

 

また、保冷効果を高めたい時は、

クーラーボックス内の氷に、

をたっぷりかけておくことで、

温度を更に下げることが出来ますよ!

 

 

ということで、アウトドアの際にはぜひとも、

塩を忘れないようにして

持っていくようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました