クリームチーズを常温で放置しちゃった!これって食べても大丈夫!?

豆知識

 

クリームチーズ常温

放置してしまったけれど、

食べても大丈夫なんでしょうか?

 

 

やっぱりクリームチーズって乳製品だから、

常温で放置してしまうのは

マズいような気がしますよね。

 

 

でもせっかく買ったクリームチーズを

捨てるのももったいない…。

 

 

そこで今回は、クリームチーズは

常温で放置してしまったけれど、

食べられるのか否かを解説していきます。

 

 

クリームチーズを常温のままで半日たってた!これってどうなの?

 

リームチーズを買ったのは良いけれど、

冷蔵庫にうっかり入れ忘れて半日経っていた!

 

 

そんな状況でもクリームチーズは

食べられるんでしょうか?

 

 

結論からいうと、

夏場など30℃を超える気温でなければ、

常温で半日放置してしまっても

食べることができます。

 

 

ただし、30℃を超える場所に放置してしまうと、

クリームチーズは傷んでしまうので、

もう食べられなくなっているでしょう…。

 

 

基本的にはクリームチーズは

そこまで高くない室温でしたら、

食べても全く問題ありませんよ。

 

 

そのため、食べられるかどうかは

気温がやっぱり判断基準なんですね。

 

 

また、直射日光に当たっていないか

どうかも重要なポイントです。

 

 

だいたい20℃前後くらいの温度で、

直射日光に当たっていない場所に

放置していたのでしたら、普通にまだ

食べられるので安心して大丈夫ですよ!

 

 

ただ、半日も放置してしまったクリームチーズだと、

本当に食べても良いのかちょっと迷いますよね。

 

 

そんな時は傷んでいないかチェックしてから、

食べるようにするのがおすすめですよ。

 

 

クリームチーズが傷んでしまったか

どうかを確かめる方法は、

次の項目で詳しく解説します。

 

 

クリームチーズを常温保存するとどうなる?食べられる限界は?

 

クリームチーズは先ほども紹介したように、

20℃前後くらいの気温でしたら、

常温で保存してもOK!

 

 

 

ただし半日くらい常温で保存してしまった場合は、

傷んでいないか確認が必要になってきます。

 

 

クリームチーズから異臭がしたり、

少し舐めてみて刺激のある酸味がした場合は、

傷んでしまっているので

もう食べないようにしましょう。

 

 

クリームチーズって通常はクリーミーで、

酸味はほんの少しなんですが、

傷むと酸味の刺激が強くなります。

 

 

また、そのまま常温で放置し続けてしまうと、

カビが生えてしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

涼しい環境でも、半日放置した場合は、

念のため異臭や刺激のある味がしないか

ぜひチェックしておきましょう。

 

 

チェックしたうえで

特に何も問題がないのでしたら、

普通に食べてしまってOKですよ。

 

 

ただしこの後はちゃんと冷蔵庫

保存をしておくこと。

 

 

そうすれば傷んだりカビが生えたりする

心配もなく保存できるでしょう。

 

 

ちなみに筆者の夫もおつまみ用のチーズを

常温のまま、数時間くらい放置してしまった

ことがありましたが、普通に食べられたので、

意外と大丈夫なんですよね。

 

 

でも、万が一傷んでしまっていると大変なので、

傷んでいないかのチェックは

よくしておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

 

クリームチーズは20℃前後でしたら、

常温で数時間くらい放置しても大丈夫です。

 

 

ただし半日放置してしまった場合は、

念のため異臭や刺激のある味がしないかなど、

傷んでいないかのチェック

しておくといいですよ。

 

 

もしなんともないのでしたら、

普通にクリームチーズを

食べてしまって大丈夫です。

 

タイトルとURLをコピーしました