スタバの冷房が寒いのはどうして?寒すぎるのはわざとって本当!?

豆知識

 

夏にスタバに行くと冷房が効きすぎていて

すごく寒く感じてしまうことがありますよね…。

 

 

一体なぜ夏のスタバは

あんなにも冷房が効きすぎて

いるんでしょうか?

 

 

やっぱり客に長居をさせないため?

それとも違う理由?

 

 

今回は夏のスタバが

冷房を効かせていて寒いワケを紹介します。

 

 

 

スタバに長居していたら寒すぎる…フラペチーノは失敗だった!?

 

 

夏にスタバに入ると

すっごく冷房が効きすぎていて

フラペチーノなど冷たいメニューを頼むと

体の芯まで冷えてしまいそうですよね。

 

 

筆者も何度かスタバを

夏場に利用したことがあるんですが

確かにかなり冷房が効いていて

寒く感じるくらいでした…。

 

 

スタバってやっぱりカフェで

食べ物も扱っているから

それらが傷まないように

冷房をしっかり効かせるのも

無理はありません。

 

 

でも、スタバに長居してしまうと

本当に寒くなってしまいますよね…。

 

 

夏場にもしスタバを利用するのでしたら

ぜひカーディガンやストールなど

何か羽織れるものを持って行った方が

良いでしょう。

 

 

特に冷え性の女性は冷房に弱いので

フラペチーノなど

冷たいドリンクメニューよりも

温かいドリンクを頼むようにすると

良いですよ!

 

 

そうすれば長居しても

快適にスタバで過ごせるのでおすすめです!

 

 

ということで

夏場にスタバを利用するなら羽織るものと

温かいドリンクのオーダーがベストなので

ぜひ参考にして、スタバでのひと時を

過ごしましょう!

 

 

 

スタバが寒いのはわざとそうしてる?長居させないためって本当?

 

 

夏場のスタバが

冷房を効かせ過ぎているのは

客が長居しないようにわざとそうしている

という話もありますね。

 

 

確かに客の回転率をアップさせるには

店内をあまり快適な温度設定にしないことも

重要です。

 

 

でもスタバの場合は

一概に客に長居をさせないため

冷房を効かせているとは

言い切れないんですよ。

 

 

特にスタバは

お客様に長居されても良いように

ドリンクの値段が高めに設定されています。

 

 

また店舗によっては

ブランケットの貸し出しをおこなっているので

店内を寒くして居心地を悪くしようと

しているとは言い難いんですよね。

 

 

ではなぜスタバは

夏場エアコンを効かせて寒いのかというと

暑い外からやってきた人が

快適に過ごせるためなんでしょう。

 

 

やっぱり外回りのサラリーマンなどは

冷房がしっかり効いている店内の方が

快適に過ごせるんですよね。

 

 

また、やっぱりフラペチーノなど

冷たいドリンクがなるべく溶けにくかったり

ぬるくなったりしないように

冷房をしっかり効かせているんだと

筆者は思います。

 

 

もちろん、店舗によってはそこまで

冷房をガンガンに効かせているワケではないですが

やっぱり夏場はしっかり涼しい店内の方が

外から来た人が快適に過ごしやすいですからね。

 

 

ということで

スタバは別に客を早く追い出そうとして

冷房を効かせているわけではないので

寒いと感じるのでしたら

ぜひ寒さ対策をして

スタバを利用すると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

夏のスタバの店内が寒いくらいに涼しいのは

外から来る人達が

快適に過ごせるようにするのと

フラペチーノなど冷たいドリンクが

温くならないようにするため。

 

 

それでも寒いと感じたら

温かい飲み物をオーダーしたり

店舗によっては

ブランケットを貸し出ししているので

店員に聞いてみるといいですよ。

 

 

また、寒い時のために

カーディガンを持っていくのもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました