温野菜の保存方法と栄養を逃さない正しい加熱の調理法とは?

豆知識

 

温野菜を保存したい時って、

どうするのが一番良いんでしょうか?

 

 

出来れば野菜の栄養を

しっかり残したまま、

保存しておきたいですよね。

 

 

また、温野菜を冷凍したら、

食べる時はレンジで解凍しても大丈夫?

 

 

今回は温野菜の保存方法

再度加熱する際の方法を紹介します。

 

温野菜の栄養を保つ保存の仕方とは?冷蔵と冷凍どっちが正解?

 

 

温野菜を作り置きしたら、

断然おすすめなのは

冷凍保存をすること。

 

 

もちろん冷蔵した場合でも、

2~3日くらいは保存できますが、

それ以降はどんどん品質が下がって

美味しくなくなるし、傷んできて

栄養もなくなってしまうでしょう。

 

 

美味しさや栄養も

丸ごとしっかり保存したいのでしたら、

冷凍をしておくのがおすすめです。

 

 

レンジでチンしたり、

蒸したり茹でたりした温野菜は、

小分けにして冷凍すると良いですよ。

 

 

作り立ての温野菜はまだ熱いので、

熱が冷めるまで置いておきましょう。

 

 

十分に熱が冷めたら、

表面に水分が付いている場合は

それをキッチンペーパーで拭き取り、

1食分を小分けにしてラップに包み、

フリーザーバッグに入れて冷凍させます。

 

 

タッパーに

温野菜を入れておいてもいいですよ。

 

 

でも、小分けにしておいた方が

後々使いやすいのでおすすめ。

 

 

冷凍しておけば

2~3週間は日持ちするので安心ですね。

 

 

ちなみに冷蔵保存する場合も、

温野菜の粗熱を冷ましたら

タッパーに入れるか、

小分けにしてラップに包んで

フリーザーバッグに入れ、

冷蔵庫に入れておくといいですよ。

 

 

ただし先ほども説明したように、

冷蔵保存の場合は、

2~3日くらいしかもたないので、

早めに食べ切るようにしてくださいね。

 

 

温野菜を保存できるってすごく便利ですね。

 

 

毎日の食事も

バランスよくなるので試してみてください。

 

温野菜を冷凍保存した場合の解凍方法とは?レンジを使う時の注意点

 

 

冷凍した温野菜を食べる時は、

レンジでチンして

手軽に加熱するのがおすすめ。

 

 

もしくは、

食べる前日に冷蔵庫に移しておけば、

自然解凍することも出来ますよ。

 

 

ただしレンジで温める場合は、

加熱のし過ぎに注意しましょう。

 

 

加熱し過ぎると

温野菜の食感が損なわれてしまうから、

美味しさの半減してしまうんですよね。

 

 

温野菜の量や

レンジのワット数にもよりますが、

30秒から1分ほどチンしてみて、

あとは様子を見ながら更に加熱して

いくようにするのがおすすめ。

 

 

また、冷凍しておいた温野菜を

レンジで再び温める時は、

平らなお皿にのせて

ふんわりラップをかけてチンすると

いいですよ。

 

 

その方が温野菜を加熱し過ぎずに

解凍できるので安心です。

 

 

あとはドレッシングや

粉チーズをかけたりしていただきましょう!

 

まとめ

 

温野菜を

栄養や美味しさを保ったまま保存するなら、

冷凍保存するのが断然おすすめ!

 

 

小分けにして冷凍庫に入れておけば、

2~3週間は保存できますよ。

 

 

食べる時は

自然解凍かレンジでチンしましょう。

 

 

ただし、レンジで加熱し過ぎると、

食感が損なわれてしまうので、

平らなお皿にのせたら

ラップをふんわりかけて、

まずは30秒~1分ほど

チンしていくといいですよ!

 

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました