アイロンがけでワイシャツが焦げない様にするには?アイロンのコツ!

豆知識

 

アイロンがけって、意外に難しいですよね。

 

 

なんとなくシワを取ることができても、

ビシッと仕上げるのは、なかなか至難の業。

 

 

特に、夫のワイシャツがけともなると、

仕事関係の人の目に触れるので、

しっかり仕上がっていなければ

カッコ悪いですよね…。

 

 

そこで今回は、夫にアイロンがけを頼まれた

迷える主婦の皆様に、

アイロンがけのコツや基本を紹介いたします。

 

 

ぜひ参考にしてみてください♪

 

アイロンがけの”高温”って何度なの?まずはアイロンの基本を知ろう!

 

アイロンがけをするにあたって、

適正温度って、よく分からないですよね。

 

 

高すぎれば焦げてしまうので、

注意したいところです。

 

 

まず、アイロンの温度を

「低・中・高」に分けて紹介しますと、↓

 

●低:80~120℃

●中:140~160℃

●高:180~210℃

となります。

 

 

これらの使い分けは、洋服に付いている

「洗濯表示」に記載があるので、

必ず確認してください。

 

 

これに従えば、生地を傷めずにしっかりと

シワを伸ばすことができますよ♪

 

適正温度について

 

適正温度というのは、

素材(生地)によって異なるんです!

 

★「低」に合う素材

・シルクなどの「天然動物繊維」

・アクリルなどの「合成繊維」

 

★「中」に合う素材

・レーヨンやキュプラなどの「再生繊維」

・ポリエステルやフリースなどの「合成繊維」

 

★「高」に合う素材

・綿や麻などの「天然の植物繊維」

※Tシャツやシャツ類

 

 

つまり、

ワイシャツには「高」がいいんですね。

 

 

では次の章で、かけ方のコツを紹介します!

 

アイロンがけで当て布をするのは何のため?当て布ってすごかった!

 

説明したとおり、ワイシャツは

高温でのアイロンがけになるので、

生地も、高温に耐えられるよう

それなりに強く作られています。

 

 

一方、低~中に対応している生地は

デリケートな作りになっていることが多く、

そんなときに活躍してくれるのが

「当て布」です!

 

 

たとえば、上で示したシルクなどの

天然繊維には当て布が必要です。

 

 

洗濯表示では、

アイロンの下に波線が書かれたマーク

当て布の使用が好ましいとされているので、

ぜひ注目してみてください。

 

 

当て布をすると、

熱を分散させ、生地の傷みを和らげる効果

あるんですよ!

 

 

そのほか、熱の伝導が適正に行われて

シワを伸ばしやすくなるなどの効果があり、

抜群にかけやすくなるんです!

 

 

すごく有り難いアイテムなんですね。

 

当て布として使えるものは?

 

当て布として販売されているものもありますが、

わざわざ購入する必要もありません。

 

家にあるハンカチや手ぬぐいなどで十分です。

 

ただし、色の薄いもので、

素材は綿を選ぶようにしましょう。

 

こうすれば、洋服への色うつりを防げます。

 

***

 

もし洗濯表示が付いておらず、

温度に迷ったときには

「低」から始め、様子を見ながら

少しずつ上げていくといいですよ。

 

 

洋服への刺激にならないよう、

ぜひ注意してくださいね。

 

まとめ

 

アイロンの適正温度や、

かけ方のコツについて紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

 

キレイにビシッと仕上がったときには

すごく気持ちがいいですよね。

 

 

「当て布」もしっかり活用して、

夫のワイシャツのシワも

ビシッと伸ばしていきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました