日焼け止めのあとファンデーションを塗るとよれる…どうすればいい?

豆知識

 

日焼け止めのあとに

ファンデーションを塗るとよれる!

 

 

こんな時って一体どうすれば

いいんでしょうか?

 

 

そもそも、日焼け止めを塗った後に

ファンデーションを塗ると、

よれてしまう原因は一体何!?

 

 

やっぱり日焼け止めとファンデーションを

混ぜて塗るべきなんでしょうか?

 

 

今回はそんな、夏に何かと女性を悩ませる、

日焼け止めを塗った後のファンデーションが

よれる対策を紹介します。

 

 

日焼け止めを塗るとファンデーションが浮く…うまくいかない原因は?

 

日焼け止めを塗るとファンデーションが

よれたり浮いてしまうのは、

いくつかの原因があります。

 

 

ではまずその原因となるものを

紹介していきますね。

 

 

・皮脂によってよれてしまう

 

 

特に脂性肌の人に多いんですが、

日焼け止めを塗った後にファンデーションを塗ると、

肌に残った油分でファンデーションが

浮いてしまうことも!

 

 

脂性肌の人は特に、皮脂を吸収してくれる

ファンデーションを選びましょう。

 

 

・使っている日焼け止めやファンデーションが肌に合っていない

 

 

使用している日焼け止め、

もしくはファンデーションが肌に合っていないと、

ファンデーションが浮いてきてしまいます。

 

 

そのため、自分の肌質に合った日焼け止めや、

ファンデーションを選ぶようにしましょう。

 

 

・ファンデーションを厚塗りしている

 

 

ファンデーションを厚く塗り過ぎてしまうと、

よれたり浮いたりしてきてしまいます。

 

 

なるべく日焼け止めを塗った後は、

ファンデーションを厚塗りし過ぎない

ようにしましょう。

 

 

以上が日焼け止めを塗った後、

ファンデーションを塗ると

よれる原因として考えられるもの。

 

 

特に厚塗りをしてしまうと

ファンデーションは浮きやすくなるので、

くれぐれも薄く塗るように

心掛けてみてくださいね。

 

 

日焼け止めとファンデーションを混ぜるとどうなる?効果はあるの?

 

日焼け止めとファンデーションを混ぜると、

確かに化粧ノリはとてもよくなりますが、

日焼け止めの成分が肌の上で

ムラになってしまうんですよ!

 

 

そのため、日焼け止めの効果を

十分に得られなくなってしまうんです。

 

 

つまり日焼け止めを混ぜるということは、

化粧ノリはよくなるけれど、

UVカット効果が十分に発揮されない

ということになるんですね…。

 

 

そうならないためにも、

やっぱり日焼け止めとファンデーションは、

別々に塗るのが良いでしょう。

 

 

ベストなのは、

日焼け止め、下地、ファンデーションの順で塗ること。

 

 

いずれも肌全体に薄く塗るようにすれば、

よれたり浮いたりすることを抑えられますよ!

 

 

また、どうしてもファンデーションが

よれてしまう場合は、UVカット効果も

含まれているファンデーション

使ってみるのも、一つの手なので

ぜひ覚えておくと良いでしょう!

 

 

まとめ

 

 

日焼け止めを塗った後に

ファンデーションを塗るとよれるのは、

皮脂が多かったり、使っているアイテムが

肌質に合っていなかったり、ファンデーションを

厚塗りしていたりなどが考えられます。

 

 

そのため、今一度、

使っているアイテムをチェックし、

自分の肌質にあった日焼け止めや

ファンデーションを使用し、

厚塗りはしないように注意しましょう。

 

 

また、ファンデーションと日焼け止めを混ぜると、

日焼け止めの効果を十分に得られなくなるので、

ぜひ別々に塗ることをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました