年の差婚に疲れた…現実は甘くなかった!ぶっちゃけ後悔してる!?

人間関係

 

年の差婚をすると、

理想としていた夫婦生活と違ったりして、

疲れてしまう場合もあるんですよね。

 

 

そのため、実は年の差婚をして後悔している、

なんて話もよくあるくらい。

 

 

一体、年の差婚をすると

どんなことに後悔するのでしょうか?

 

 

今回はそんな、

年の差婚に疲れたり後悔する理由や、

年の差婚の理想と現実を解説していきます。

 

 

年の差婚で後悔してるのはどうして?失敗だったと思う理由とは?

 

結論からいうと、

たとえ年の差婚であったとしても、

趣味や性格が一致していれば、

結婚生活に疲れることはないんですよ。

 

 

というのも、実は筆者も年の差婚で、

夫は14年も年上なんです。

 

 

夫婦生活が数年続いている現在でも、

家庭円満だし喧嘩したことも後悔したことも、

離婚を考えたこともありません。

 

 

確かに昔の俳優や音楽の名前を挙げられると、

筆者はよく知らないので『?』という

気持ちになりますが、特にそれで

後悔するということもないんですよね。

 

 

要するに、年の差婚で後悔しているのではなく、

性格や価値観が不一致だった人が

たまたま年の差があった場合だと、

結婚に後悔してしまうんじゃないでしょうか?

 

 

やっぱり性格や価値観が合っていなかったり、

互いを思いやっていないと、

何歳であっても結婚に後悔してしまうし、

夫婦生活に疲れてしまうのも無理はありません。

 

 

性格や価値観や相手の趣味への理解などって、

やっぱり夫婦になるうえでは重要になってくるので、

年齢よりも内面で後悔するのが

最大の理由なんですね。

 

 

年の差婚の現実ってどんなもの?理想とは違うと思ったこと!

 

年の差婚の理想はやっぱり、

年上の方が包容力があって優しく、

年下の配偶者を優しく見守ってくれる。

 

 

でも現実は、価値観や趣味などの違いで、

後悔してしまうことが多々あるなんてことも…。

 

 

でも先ほども説明したように、

年の差婚そのものが悪いのではなく、

きっとあなたが悩んでいるのは、

パートナーとの価値観や性格の相違でしょう。

 

 

たとえ同世代、同年代であったとしても、

性格や価値観などが一致していなければ、

やっぱり結婚に後悔してしまうものですよ。

 

 

だからこそ、やっぱり結婚する相手とは、

自分に合った人を選ぶのが一番なんです。

 

 

筆者は運よく年上だけれど

性格も価値観も合っていて、

そしてお互いの趣味を理解し合える

関係の相手と巡り会えたので、

後悔は全くしていませんが、そうでない相手だと、

何歳であっても後悔するでしょう。

 

 

やっぱり結婚して後悔しないためにも、

相手は慎重に選ぶべきなんですね。

 

 

でも年上でも素敵な人はいっぱいいるし、

年下でもしっかりしている人はたくさんいます。

 

 

ただ、もし今の夫婦関係に悩んでいるのでしたら、

お互いに歩み寄っていくようにするといいですね。

 

 

例えば相手の趣味を理解したり、

考えていることをしっかり話し合うなど

していくといいでしょう。

 

 

まとめ

 

 

年の差婚をして疲れた、という人は、

年の差婚ではなく、性格や価値観の

合わない相手との結婚で、

疲れて後悔してしまっているのでしょう。

 

 

年の差婚でも円満な夫婦はいるので、

やっぱり重要なのは価値観や性格の一致

そしてお互いの思いやりや趣味への理解ですね。

 

 

それらさえあれば、年齢なんて関係ないので、

ぜひお互いに歩み寄るようにしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました