もう音痴とは言わせない!カラオケで音程が合わない原因と克服法!

豆知識

 

カラオケで音程がブレてしまうのって、

どうやったら

改善できるんでしょうか?

 

せっかくカラオケに

楽しく歌いに来ているのに、

音程が合わなくて上手に歌えないのは

困りますよね…。

 

そこで今回は、

カラオケで褒められるような、

歌の音程を合わせる方法を紹介します。

 

カラオケで音程がブレる人には共通点が!?改善するための3ステップ

 

音程がブレる人、俗に言う

音痴の人というのは、

自分の歌う声がちゃんと

聞こえていないため、

音程がズレてしまうんですよ。

 

反対に自分の歌声がしっかり

聞けている人というのは、

音程をコントロールすることが出来るので、

歌を上手に歌えるということなんです。

 

といっても、絶対音感がある人は

そんなにいないし、

自分がどんな音程で歌っているのか、

そもそも歌いたい曲がどんな音程なのかも、

よく分からないですよね…。

 

そこで、カラオケで

音程を合わせたい人は、

以下の3ステップを試してみてください。

 

1.歌いたい曲をとにかく聞きまくる

 

カラオケで歌いたい曲は、

とにかく聞きまくってください。

 

聞いていく中で、

そのアーティストの歌い方や癖なども、

細かくチェックしていくといいですね。

 

2.歌いたい曲を鼻歌で歌う

 

部屋にいる時は、

スピーカーで歌いたい曲を流し、

それに合わせて鼻歌で歌うという行為を

何度も繰り返しましょう。

 

すると、曲と一緒に

自分の声も聞き取れるので、

正しい音を出せているのかどうかを

チェック出来るんです。

 

3.お風呂場で歌いまくる

 

最後のステップは、

お風呂場で歌いたい曲を

とにかく歌うこと!

 

なぜお風呂場が良いかというと、

反響して自分の声が

聞き取れるからなんです。

 

そうすれば、歌いたい曲とどれだけ

音程がズレているかというのも

把握できるようになるので、

カラオケで歌った時も

音程を合わせやすくなりますよ!

 

カラオケコンプレックスを解消!音程が微妙にずれる人の特徴と克服法

 

音程って微妙にズレて

合わないことがありますよね…。

 

大きくズレているのではなく、

微妙に音程がズレているのは、

『ピッチが悪い』とも言うんですよ。

 

ピッチとは音の高さのことであり、

つまり、歌声が原曲の音の高さと

合っていないということになります。

 

歌いたい曲は高いヴォーカルなのに対し、

カラオケで歌ってみると

アーティストほど高い声が出せずに、

音程が少しズレてしまう状態になるんですね。

 

これを改善するには、

正しい発声方法をするのがベスト!

 

腹式呼吸をして、声の出し方を正しくすると、

音程のズレが解消され、

歌の表現力もアップして

カラオケで気持ちよく歌えるでしょう。

 

正しい腹式呼吸の方法については、

下記のURLに詳しく説明されてます

ので、参考にしてみて下さい。

腹式呼吸のやり方が分かれば歌に感情が宿る!意外な効果も期待 | 歌上手くなりたい!カラオケ上達への道
歌を歌う時は、腹式呼吸が良いと言われています。 胸で息をしながら歌を歌っていると、息切れしてしまい、上手に続けて章節を歌いあげることができません。 肩で息をしながら歌を歌っている人は、胸で息をしながら歌っているかも

 

 

また、原曲のキーがどうしても高いと、

プロにでもならない限り

100%正確な音程では歌えないので、

キー設定をして、歌いたい曲を

自分の歌いやすい音域に変えるといいでしょう。

 

でもカラオケって、

のど自慢大会ではないので

そこまで上手に歌うことを

意識しなくても大丈夫ですよ◎

 

確かに歌が上手いと

褒められるし、快感を覚えます。

 

ただ、プロを目指すバンドの

ヴォーカルならまだしも、

ただ好きに歌いたい曲を歌える

というのがカラオケなので、

何より楽しく歌えるということを

大切にしていきましょう。

 

まとめ

 

カラオケで音程が合わない場合は、

まず原曲を繰り返し聞き、

歌い方を把握すること。

 

次にスピーカーで曲を流しながら、

鼻歌で歌って自分の音程が

ズレていないかチェックしましょう。

 

そして、お風呂場でも

繰り返し歌うようにすれば、

自然と自分で音程が

合っているかそうでないか、

把握できるようになっていきます。

 

また、腹式呼吸をしてみたり、

どうしても音程が出せないときは、

カラオケでキーを下げるなど、

歌いやすい音域に変えてしまうといいですよ!

 

しかし、一番大事なのは

「楽しく歌うこと」ですので

気張らずにいきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました