ビニールプールって子供は喜ぶけど面倒!水温調整とか結構大変!

子育て

 

ビニールプールは子供にとって

すごく楽しいものだけれど、

親としては膨らませたり設置したり水を入れたり、

とにかく大変で面倒なものですよね…。

 

 

一体どうすればこの面倒さを

解消できるんでしょうか?

 

 

また、プールの水温も低いと

子供が風邪をひいてしまいますよね…。

 

 

そこで今回は、

ビニールプールの水温を調節する方法や、

面倒なビニールプールを簡単にするコツ

あるのかを解説します。

 

 

ビニールプールの水温はどうすればいいの?調節する方法は?

 

ビニールプールの水温

あまり低いと子供が寒がってしまい、

遊んでくれないこともあります…。

 

 

そこで、ビニールプールには

なるべく少量の水を朝から入れて、

太陽の下で温めておくようにしましょう。

 

 

だいたい2~3時間も真夏の直射日光に当てておけば、

ビニールプールの水も割と温かくなっているので、

安心して子供を遊ばせることが出来ますよ!

 

 

ただしポイントとしては、

水を極力少なくすること。

 

 

そもそもビニールプールって、

子供がバシャバシャと水遊びをするためのものであり、

泳ぐためのものではないので、

少ない水量で十分なんですよね。

 

 

そのため、ぜひビニールプールの水量は

少なくして、すぐに太陽光で水が

温められるようにしておきましょう。

 

 

ちなみに、太陽の真下で

ずっと子供を遊ばせておくと、

日に焼けてしまうこともあるので、

パラソルを設置したり日陰にプールを移動させたりして、

日焼けを防ぐようにしておくといいですよ。

 

 

もちろん熱中症対策として、こまめに子供に

水分補給させることもお忘れなく。

 

 

ビニールプールってなんだか大変!簡単にするコツってあるの?

 

ビニールプールって設置したり

水を入れたりするのが大変で、

何だかすごく面倒に思えてきますよね…。

 

 

そのため、もしこれからビニールプールの

購入を考えているのでしたら、なるべく

小さめのものを購入するようにしましょう。

 

 

大きいサイズのビニールプールは、

設置場所にも困るし、何より膨らますのも、

水を入れるのも大変なんですよね…。

 

 

筆者が子供の頃に遊んだビニールプールも、

かなり小さめだった記憶がありますが、

両親の戦略だったのかもしれません(笑)

 

 

ということで、ビニールプールを買うのでしたら、

ぜひなるべく大きくないものを買って、

子供を遊ばせるようにしましょう。

 

 

水量も子供が座った時に腰に浸る程度

良いので、割と楽になりますよ。

 

 

もし貰い物のビニールプールがあるのでしたら、

なるべく水量を少なくすることがベスト。

 

 

やっぱり水量を多く入れてしまうと、

後で水を捨てたりするのも大変になるし、

太陽光で温めるのにも時間がかかります。

 

 

そのため、水量は極力減らして

ビニールプールを使いましょう。

 

 

その際の水量もやっぱり、子供が座った時に、

腰が浸るくらいの少なさでOKなんです!

 

 

ということで、

ビニールプールの面倒さを回避するには、

水量を少なくすることがコツなので、

ぜひ覚えておいて子供を遊ばせるように

するといいですよ!

 

 

まとめ

 

 

ビニールプールの水は2~3時間前に入れておいて、

太陽光に当てておけばすぐに温かくなりますよ!

 

 

ただし、水量は少なめにしておくことがポイント。

 

 

水量が少ないことで水が温まりやすくなるだけでなく、

後片付けも比較的楽になるので、

ぜひ少なめな水を注ぐようにしましょう。

 

 

また、ビニールプールを新しく買う際は、

なるべく小さめのものを選んでおくことを

おすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました