犬の食事の基本!野菜や果物はいつから食べられるの?

豆知識

 

人間と同じく、犬にとっても

食事はとても大事です。

 

人間には野菜や果物の栄養価が

とても影響しますが、

犬にはどうなんでしょうか?

 

ドッグフードで栄養を取っているとはいえ、

それだけで賄えているのか気になります。

 

犬も同じ哺乳類ではありますが

人間とは体のつくりが異なります。

 

となると、本当に野菜や果物を

与えてもいいのだろうか…?

と考えてしまいますよね。

 

そこで今回は、犬に野菜や果物を

与える時期や注意点な

ご紹介します!

 

犬の食事を手作りする時の注意点!野菜は生?それとも茹でる?

 

犬に野菜をあげるのは問題ありませんよ!

 

生でも茹でたもの、どちらでもOKですが

子犬の場合は、まずは

ごく少量から与えるようにしてください。

 

そして、野菜の種類は1種類

としてあげましょう。

 

体質と合わないものもあるので、

様子をよく見てあげてくださいね。

 

また、犬の食事を手作りする際には

以下を注意してください。

 

手作りフードの栄養バランス

 

食材選び(ネギ系は絶対にNG、

消化に悪いものもNG

 

アレルギーへの注意

 

手作りの場合は栄養バランスを

整えてあげるのがとても難しいです。

 

手作りのものは、おやつとして

あげるのがいいかもしれませんね。

 

また、ネギ系や生もの(海鮮類)はNGです。

 

先ほどお伝えした通り、

まずは1種類ずつあげて、

アレルギー反応がないか様子を見ましょう。

 

犬に果物をあげるのはいつから?NGフードってあるの?

 

果物や野菜も、子犬から

与えるのは問題ありません。

 

ですが、消化に悪そうなものは、

子犬のうちは控えてください。

 

また、果物に関しても

ごく少量、1種類から与えましょう。

 

どんな果物にアレルギー反応が

起きてしまうかわかりません。

 

少しずつ与え、様子を見てあげてくださいね。

 

犬には絶対NG!以下の果物は絶対にあげちゃダメ!

 

ぶどう、プルーン、いちじく、レモン、

グレープフルーツ、ドライフルーツ

 

これらの果物は、糖度が高すぎたり、

中毒性物質が含まれています。

 

絶対にあげないようにしてくださいね。

 

もし誤って食べてしまった際は、

すぐに病院を受診してください。

 

まとめ

 

犬に野菜や果物を与える時期や

注意点などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

野菜や果物は、

ごく少量から始めてください。

 

種類に関しても、

まずは1種類から与えましょう。

 

アレルギー反応が起きないか、

様子を見てあげてくださいね。

 

基本的には、ドッグフードで栄養は賄えます。

 

個人的には、無理に手作りフードではなく

ドッグフードの方がおすすめです。

 

うまくいけば良いですが、

万一の何かが起きやすくもあるので…。

 

犬の食事が気になる方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました