子供がビビりでまいっちゃう!克服するためにできることは?

子育て

 

我が子がビビりだと、

些細なことでも怖がって、

すごく困ってしまいますよね…。

 

 

一体どうすれば克服が出来るんでしょうか?

 

 

やっぱり子供がビビりというのは、

親としても将来が心配になるし、

ちょっとイライラしてしまうことも…。

 

 

そこで今回は子供がビビりな時は、

親としてどうしてあげるといいのか

また克服する方法などを紹介していきます。

 

 

子供の怖がりがすごすぎる!異常なビビりだと親も心配!

 

子供が怖がりでビビりだと、

親としてはすごく心配ですよね。

 

 

例えば遊園地の着ぐるみで怖がってしまったり、

何かテレビのキャラクターを嫌がってしまったり、

知らない場所に行くと親の後ろに隠れてしまったり…。

 

 

筆者も小さい頃は

着ぐるみがとても苦手だったので、

その気持ちがよーくわかります。

 

 

でも、あんまり異常なくらいビビりだと、

親としてはちょっと将来が不安

なりますよね…。

 

 

一人で寝ることは出来るようになるのか、

お留守番も出来るのかなど、

色々と心配になるでしょう。

 

 

それにビビりな子って人見知りも激しいので、

初めて会う子ともなかなか友達に

なれそうになくて気がかり…。

 

 

やっぱり子供がビビりな場合は、どうにかして、

克服をさせた方がいいんでしょうか?

 

 

子供の怖がりにイライラは禁物!?克服の手助けになるのは?

 

子供の怖がりやビビりには、親としては

確かにイライラすることもありますが、

お子さん本人としては、本当に怖いのに、

親に怒られてしまっては誰に頼ればいいか

分からなくなってしまいます。

 

 

そこでお子さんが怖がったりしても、

絶対にイライラしたり怒ったりしてはダメ!

 

 

代わりに大丈夫だよ、怖くないよと、

元気づける言葉を伝えていくようにしましょう。

 

 

また、ビビりだと将来が不安になるという

心配もありますが、ビビりは成長と共に

克服できる場合も多いんですよ。

 

 

つまり今はまだ年齢的なもので

ビビりなだけの可能性も。

 

 

そのため、お子さんが怖がり出したら

安心させる言葉を聞かせ、

そしてビビりであることを心配せずに、

成長を見守っていくのが一番なんですよね。

 

 

もちろん成長してからもビビりな子はいますが、

別にビビりな子が人生で損をするとは限りません。

 

 

世の中にはお化け屋敷やホラー映画が

嫌いな人はいっぱいいますよ。

 

 

筆者の夫もホラー映画は苦手なんですが、

別にビビりでもなんでもありません。

 

 

筆者もどちらかというと怖がりな方ですが、

ホラー映画だったら一人で見ることはできます。

 

 

つまりビビりは無理に克服しなくても

良いものだし、人間誰しも必ず、

何かしら苦手なものや怖いものがあるはず。

 

 

そのため無理にお子さんを

怖い場所に連れて行ったり、

小さいうちからビビりを克服させようと

しないでくださいね。

 

 

気長にビビりと付き合うようにして、

お子さんの成長を見守って、

時には安心させてあげるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

子供がビビりな場合は

年齢的なものである可能性が高いので、

別に無理して克服させる必要はありませんよ。

 

 

それに人間誰だって怖いものや

苦手なものがあるはずなので、

別にそれを克服させることはしなくてOKです。

 

 

代わりにお子さんが怖がっていたら、

安心させるような言葉をかけてあげて、

ぜひお子さんが頼れるようにして

あげてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました