車内を掃除する頻度ってどれぐらい?車のきれいを保つ方法!

豆知識

 

車を購入したら、

できる限り車内もキレイに

しておきたいですよね。

 

でも車内を掃除するには

どんな方法が最適なんでしょうか?

 

今回は車を清潔に保ちたい人のために、

車内のおすすめ掃除法

紹介していきます。

 

車内の掃除はほこり取りが重要!取り方とつきにくくする工夫!

 

車内は床やフロアマットにゴミが溜まるし、

シートインパネと呼ばれる

運転席のパネル部分などには、

ホコリが積もってしまいます。

 

特に、シートなどに積もったホコリは

自身が吸い込んでしまう可能性もあるため、

しっかり取り除きたいものですね。

 

そこでおすすめしたいのが、

車内用のお掃除セットを

車の中に常に置いておくこと。

 

まず必要なものは

粘着テープのカーペット用クリーナーです。

 

コロコロの愛称でも親しまれており、

服やカーペットの表面のゴミや

ホコリを取るのに、どこの家庭も1つは

持っているんじゃないでしょうか。

 

このコロコロを、車の中に

常に置いておきましょう!

 

そうすればシートの

表面のホコリやゴミも、

サッと掃除することが出来ますね。

 

また、ハンディタイプの

ホコリ取りモップも、

コロコロと一緒に置いておくことで、

ダッシュボードや

インパネなどのパネル部分、

エアコンの吹き出し口のホコリを

掃除できます。

 

というわけで、コロコロも

ハンディタイプのモップも、

家用とは別に車用を買っておくのがベスト!

 

帰宅して車から降りる時に

ササっと掃除しておくだけで、

キレイが長続きしますよ。

 

また、小型のコードレス掃除機もあると、

フロアのゴミなども

一掃できるのでおすすめです。

 

特に細長いノズルが付属している

小型掃除機が適していますよ。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

車内清掃にエアダスターってどうなの?上手な使い方と注意点!

 

車内の掃除をする時、シートの隙間とか、

エアコンの吹き出し口とか、

インパネの細かい部分に

ホコリやゴミが入り込んでいる場合は、

パソコンのキーボード掃除に使う、

エアダスターを活用しましょう。

 

シュッと一吹きすれば、

細部に入り込んだゴミも

スッキリ掃除できます。

 

でも、空気中にゴミや

ホコリが舞ってしまうので、

エアダスターでまず細部の掃除をしてから、

コロコロやハンディモップを使って

掃除しましょう。

 

また、エアダスターはスプレー缶なので、

絶対に車内に置いたままにしないこと!

 

暖かい時期は車内の温度も急上昇して、

スプレー缶が爆発してしまいます。

 

そのため、エアダスターは使った後は、

必ず持ち帰ってくださいね。

 

車内の掃除もなかなか大変ですね…。

 

でも、車に乗って出かける際や、

帰宅した時などに

少しずつ車内を掃除していけば

清潔が保てるので、

ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

 

車内の掃除は

こまめにすることが大事!

 

常にコロコロ

ハンディモップを置いておき、

 

乗車時や降車時にササっと

掃除をしておきましょう。

 

また、フロアの掃除は

小型コードレス掃除機がおすすめ。

 

シートの隙間など細かい部分には、

エアダスターが役立ちますが、

決して車内に置いたままに

しないよう注意してくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました