ジューンブライドって本当に幸せ?離婚しちゃう人もいるよね!?

豆知識

 

6月って、結婚式がとても多いですよね。

 

 

しかし、ジューンブライド

意外にも離婚率が高いと言われています。

 

 

これは本当なんでしょうか…。

 

 

縁起が良いとか悪いとか…、

関係あるんでしょうか?

 

 

今回は、ジューンブライドの離婚率について

調べてみました。

 

 

また、ジューンブライドの意味や

由来についてもご紹介していきますね。

 

ジューンブライドは離婚率が高いって本当?意外な事実とは!?

 

そもそも「ジューンブライド」というのは

ヨーロッパが発祥とされています。

 

 

ヨーロッパとジューンブライドに

どのような関係があるのでしょうか。

 

 

冒頭で「ジューンブライドは離婚率が高い?」

とお伝えしましたが、

実際どうなんでしょうか…。

 

 

そこで、下記の

離婚率の高い国のランキング

ご覧ください!

 

1位 ベルギー    71%

2位 ポルトガル   68%

3位 ハンガリー   67%

4位 チェコ     66%

5位 スペイン    61%

6位 ルクセンブルク 60%

7位 エストニア   58%

8位 キューバ    56%

9位 フランス    55%

10位 アメリカ    53%

 

 

ヨーロッパの離婚率、

とっても高いですね…。

 

 

ですが、この数字が

ジューンブライドに直結しているわけでは

ありませんのでご注意を。

 

 

日本ではどうかというと、

ジューンブライドの離婚率が高くなる

という噂もありますが、確証はありません。

 

 

しかし、ジューンブライドの離婚理由として

結婚への憧れと

実際の生活のギャップが激しいため

というものが見受けられました。

 

 

確かにロマンティックな夢が広がりますが、

結婚生活ってそう簡単ではありません…。

 

 

日本で1番離婚率が高いのは、

11月に結婚した夫婦なんだとか。

 

 

このことから考えても

ジューンブライドというのは

あまり関係なさそうですね!

 

ジューンブライドが多い理由は!意味や由来はこうだった!

 

ジューンブライドの由来に関しては、

大きく3つの説があります。

 

 

1つ目は、ローマの神話である

女神JUNOが由来のもの。

 

 

6月はJUNOの月であること、

結婚を司る女神であることから、

6月に結婚する花嫁は幸せになる

という言い伝えが定着し、

「ジューンブライド」という言葉が

出来たそうです。

 

 

2つ目は、ヨーロッパでは3~5月は

繫殖期のため結婚式が許されておらず

6月になると一斉に結婚式をあげる夫婦が

増えたため、というものです。

 

 

3つ目は、ヨーロッパでは

6月が一番天気がいいから

という理由でした。

 

 

日本では梅雨時期なので、

天気がいいのは羨ましいですよね。

 

 

そして日本でジューンブライドが

広まったきっかけとしては、

ホテル業界で売上を伸ばすために

ヨーロッパのジューンブライド使って

宣伝したということだとか。

 

 

こうした理由を見てみると、

ジューンブライドの離婚率が高いことの

裏付けにはなっていませんね。

 

まとめ

 

ジューンブライドについて

色々とご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

ジューンブライドに離婚率が高い、

というのは、理想と現実のギャップが

激しいためでしょう。

 

 

結婚生活は案外地味なものですからね…。

 

 

とは言え、実際に離婚率が高いのは

日本では11月なので、

あまり気にする必要はありません。

 

 

そして日本のジューンブライドは

ホテル業界の策略なので、

縁起が良いも何も関係ありませんよ!

 

 

自分たちが好きなタイミングで

結婚するのが一番でしょう。

 

 

ジューンブライドについて気になる方は、

是非参考にしてみて下さい♪

 

タイトルとURLをコピーしました