おすそ分けの断り方ってどうすれば角が立たない?ありがた迷惑対処法

人間関係

 

ご近所さんがくれるおすそ分けって、

ありがた迷惑なことがしばしば…。

 

 

渡す本人は良かれと思って

してくれるんでしょうが、

食べ物は特に好みもあるし、

お返しも用意しないといけないとなると

やっぱり面倒だし困ってしまいますよね…。

 

 

でも断るのも、

ちょっと気が引けてしまうでしょう。

ご近所さんとの年齢差があれば特に!

 

 

そこで今回は、

ご近所付き合いに亀裂が生じない、

おすそ分けの上手な断り方をご紹介します。

 

おすそ分けって迷惑なんだけど…もらっても困るし、なかなか断りにくい!

 

おすそ分けって、正直とっても迷惑!

 

 

食べ切れない場合もあるし、

器ごと寄こされたら、

洗って返しに行かないといけない場合も…。

 

 

ひと昔前だと、

ご近所さんからのおすそ分けって

すごく心温まる光景でしたが、

最近はそうもいかないことが多いでしょう。

 

 

 

もともと近所付き合いを

そこまで深くしたくない人だと、

余計に苦痛に感じてしまいますよね。

 

 

筆者は近所に住む義母から

よくおすそ分けをもらいますが、

お返しとかは気にしない間柄なので、

もらっても特にお返しを用意しません。

 

 

でもご近所さんともなると、

もらってばかりというワケにはいかず、

何かお返しを用意する場合も多いでしょう。

 

 

ほしくないものをもらって、

お返しを渡さないといけないなんて、

こちら側にはまるでメリットが

ありませんよね!

 

 

こんな時はやっぱり、

断った方が今後も苦痛はありませんが、

やっぱり問題は断りですよね…。

 

 

ご近所さんなら特に、

角が立たないようにお断りしたいものです。

 

 

具体的な断り方は、

次の章でご紹介いたしますね。

 

手作りのおすそ分けは迷惑でしかない!上手な断り方って何て言う?

 

おすそ分けを上手に断るには、

「同じものをたくさんもらった」

もしくは「買ってきてしまった

と言ってお断りするのがおすすめ。

 

 

例えば、煮物をおすそ分けにいただいたら、

『すみません、

我が家も同じメニューなんですよ』

とか、

『昨日作って食べたばかりなんです』

などと口実を作りましょう。

 

 

そして

『せっかく持ってきていただいたのに

申し訳ないですが、他の方に差し上げてください。

お気遣いどうもありがとうございます。』

と感謝の気持ちも忘れずに伝えれば、

角は立ちませんよ。

 

 

また、野菜の場合には

『実家からたくさん送られてきてしまったので…』

などと言ってお断りをしましょう。

 

 

もしくは、小麦粉や甲殻類、卵など、

何かアレルゲンのある食べ物だった場合は、

自分もしくは家族に

アレルギーを持っている人がいるから

などと言って断ってもいいかも◎

 

 

何度もお断りをしていけば、

そのうち相手も、おすそ分けを

寄こしてこなくなるかもしれません。

 

 

地道にお断りをしていくしかありませんが、

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ちなみに筆者は、

ご近所さんが何かおすそ分けを持ってきたら、

とにかく居留守を決め込んでいます。

 

 

生鮮食品や手料理だったりしたら、

その日中に渡さないといけない場合も多いので、

効果的ですよ。

 

 

また翌日以降もおすそ分けを

持ってくるようでしたら、

それでも居留守を使って、

なるべく応対しないようにしてしまう

という手を使ってもいいでしょう。

 

まとめ

 

ご近所さんからのおすそ分けの断り方は、

『たくさんもらってしまったから』とか

『買ってきてしまった

『同じものを作ってしまった』などと

言ってしまうのがおすすめ◎

 

 

また、アレルギーを持っている家族がいる、

といってしまったり、最悪の場合、

ご近所さんが何か持ってきても、

居留守を使ってしまうと良いでしょう。

 

 

ただし物によっては、

玄関先に置かれてしまう場合もあるので、

やっぱりちゃんと断った方が確実です。

 

 

ぜひ、上記の角が立たない理由を使い、

うまくやり過ごしていきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました