退職の引き継ぎが間に合わない!不十分なままで辞めるのってあり!?

お仕事

 

退職する予定だけれど、

仕事の引き継ぎが間に合わない場合って、

一体どうしたらいいんでしょうか?

 

 

引き継ぎが不十分なまま、

退職してしまってもいいもの…?

 

 

また、引き継ぎをさせてくれない場合は、

辞めることが出来るのかも心配ですよね。

 

 

そこで今回は、

退職の引き継ぎが間に合わない場合は、

どう対処していけばいいのか

ご紹介していきます。

 

退職するのに引き継ぎが不十分だったらどうなるの?

 

引き継ぎが不十分のまま退職すると、

社内で仕事が回らなくなるだけでなく、

取引先や顧客にも迷惑がかかる可能性が!

 

 

また、あなたの仕事を引き継いだ人が

十分に仕事を遂行できない可能性

高いんですよね…。

 

 

そうならないためにも、

しっかり引き継ぎをすることは大事。

基本中の基本です。

 

 

間に合わないからといって

不十分な引き継ぎをするのはNGなので、

退職・有給消化の前までに、

きっちりと仕事の引き継ぎをしましょう。

 

 

実は筆者が昔働いていた職場でも、

退職した人が十分に仕事を

引き継いでいなかったせいで、

取引先にご迷惑をかけてしまう、

ということがありました…。

 

 

引き継ぎをするのって大変ですが

本当に重要なので、

スケジュールをしっかり管理して、

きちんと部下や同僚や上司などに

仕事を引き継いでもらえるように

しておきましょう。

 

 

そうすれば社内はもちろん、

取引先や顧客に迷惑をかける心配も

ありませんよ!

 

退職の引き継ぎをさせてくれない場合は?辞めることはできるの?

 

退職するのに十分に引き継ぎを

させてくれない場合であっても、

退職が決まっているのでしたら

基本的に辞めることは出来ますが、

それは社会人として、

無責任になってしまうんですよね…。

 

 

もし、上司などが引き継ぎを

させてくれないのでしたら、

別の信頼できる上司に相談して、

引き継ぎをさせてもらうなど

対処していくのが良いでしょう。

 

 

そして、

引き継ぎに必要なマニュアルを作成したり、

退職までのスケジュールを調整したり、

自分の取引先への挨拶回りをすると

良いですよ。

 

 

とにかく引き継ぎをきちんとしないと、

多くの人に迷惑をかけることになります。

 

 

引き継ぎをさせてくれないというのは

とても問題のあることなので、

別の上司に相談するなどして、

ぜひ引き継ぎを決行しましょう。

 

 

もし引き継ぎが間に合わないようでしたら、

最低限、引き継いでもらう仕事の

業務マニュアルを作っておき、

取引先への挨拶は電話やメールで行うのが

良いですよ。

 

 

でも基本的には、

引き継ぎは間に合わせるのが義務なので、

スケジュール管理をしっかり行いましょう。

 

まとめ

 

退職するのに仕事の引き継ぎが不十分だと、

会社だけでなく取引先や顧客にまで

迷惑がかかってしまうことも!

 

 

そうならないためにも、

きちんとスケジュールを管理して、

引き継ぎ用の資料やマニュアルを作成し、

取引先に挨拶回りをしておきましょう。

 

 

もしそれをさせてくれない場合は、

信頼できる上司に相談して、

何が何でも引き継ぎを決行しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました