バランスボールって邪魔になっちゃう?使わない時はどうしてるの!?

豆知識

 

バランスボールって結構あると

邪魔になってしまいそうですよね…。

 

 

自宅でバランスボールを使って

ダイエットしたい、という場合には、

どれくらいのスペースが実際は必要なんでしょうか?

 

 

今回はそんな、

バランスボールはあると邪魔になってしまうのか

バランスボールを使わない時は、

どうやって収納すればいいのかなどを、

詳しく解説していきます。

 

 

バランスボールって邪魔になりそう!スペースはどれぐらい必要?

 

バランスボールって自宅でのエクササイズなど、

ダイエットにあると便利そうですが、

スペースはどれくらい必要なのか

イマイチよく分かりませんよね。

 

 

でも基本的には、バランスボールには

直径20㎝のものから、120㎝のものなど、

意外とサイズが色々あるんですよ。

 

 

より詳しくサイズを説明すると、

小さいもので20㎝で、45㎝、55㎝、65㎝、75㎝、

そして120㎝のものがあります。

 

 

バランスボールは身長に合わせて

サイズを選ぶので、女性の場合は

45㎝~55㎝くらいの大きさの

バランスボールでOK!

 

 

特に小柄な女性でしたら、

45㎝のバランスボールで十分なんです。

 

 

そのため、スペースとしては、

大きくても畳1畳分があれば十分でしょう。

 

 

意外とバランスボールって、

そこまで大きくなくても良かったんですね!

 

 

そうなると、そこまでスペースが

必要になるわけではありません。

 

 

でもやっぱりずっと置いておくと

邪魔になってしまうかもしれないので、

バランスボールを使わない時の

収納方法を知っておきましょう。

 

 

バランスボールを使わない時は?教えて!みんなの収納方法!

 

バランスボールを使わない時は、

天井と壁の間に挟んでおくのが

特におすすめな収納方法!

 

 

下記のサイトの画像を参考にして、

使わない時のバランスボールは、

天井と壁に挟んだり、高い家具の上にのせたりして、

邪魔にならないように収納していきましょう。

 

【バランスボールが邪魔】一瞬で解決する驚きの収納方法をシェア | YUKITABI
この記事では、邪魔なバランスボールを一瞬で収納できる驚きの方法をまとめています。「押し込み収納」「デスクチェア収納」の2つを試してみてください。

 

 

確かにこの方法なら、

バランスボールも邪魔にならないですよね(笑)。

 

 

もしくは、押し入れクローゼットなどに

スペースがあるなら、そこにバランスボールを

入れておいてもOK!

 

 

また、いっその事、バランスボールを

インテリアにしてしまう、というのも、

意外と画期的な邪魔にならない方法なんですよ!

 

 

観葉植物やソファーの近くなどに

バランスボールを置いておけば、

不思議とインテリアの一部になってしまうので、

わざわざ収納しなくても良くなるんですよね。

 

 

でもやっぱり使わない時は収納したい、

と思うのでしたら、先ほど紹介した、

天井と壁に挟むという方法が有効でしょう。

 

 

やっぱり天井と壁に挟んでしまえば、

床にバランスボールを置いたままにすることがないので、

邪魔にならずにとってもおすすめですよ!

 

 

バランスボールが邪魔にならないためにも、

ぜひ簡単な収納方法を試してみてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

バランスボールは意外と大きさが色々ありますが、

大きくても畳1畳分くらいのスペースがあればOK!

 

 

 

そして、バランスボールを邪魔にならずに収納するには、

天井と壁の間に挟んでしまうのが特におすすめ!

 

 

ちょっと見た目は滑稽だけれど、

画期的な収納方法なのでぜひお試しを!

 

タイトルとURLをコピーしました