大晦日は祝日になるの?意外と知らない祝日と祭日の違いとは!?

豆知識

 

大晦日って学校は冬休み中だし、

多くの企業では冬期休暇中な場合が多いから、

祝日なのかどうかよく分かりませんよね…。

 

 

一体、大晦日って祝日になるんでしょうか?

 

 

そこで今回は意外と知られていない、

大晦日は祝日になるのか、

それともただの平日になるのかどうか

解説していきます!

 

 

大晦日はお休みだから祭日になる?祝日と祭日はどう違うの?

 

結論からいうとズバリ、

大晦日は祝日ではありません!

 

 

実は大晦日ってただの平日だったんですよ!

 

 

祝日ってそもそもは、

法律で国民の祝日と定められている日

ことなんです。

 

 

ところが大晦日は、

この祝日と定められている日には

含まれないので、厳密にいえば大晦日は

祝日ではないということになるんですね。

 

 

でも学校が冬休み中だし、

会社もだいたい年末年始の冬期休暇になるから、

てっきり祝日だと思われていても

仕方がありませんよね。

 

 

 

それでも、確かにカレンダーを見てみると、

大晦日は祝日にはなっていないので、

正しくはその年最後の平日だったんですよ。

 

 

ちなみに、祝日と祭日の違いって

知っていますか?

 

 

祝日とは法律で休みの日と定められた日のことです。

 

 

一方祭日とは、宗教的な儀式が行われる日

ということになるんですよ。

 

 

でも宗教的な儀式といわれても

ピンとこないですよね…。

 

 

一般的に、宗教的な儀式とは皇室が執り行う

日本独自の儀式なんですよね。

 

 

つまり皇室が何か宗教的な儀式的なことを

する日こそが、祭日というわけなんです。

 

 

ただ現在では、皇室が宗教的な儀式を

することはほとんどなくなったため、

この祭日という言葉自体が使われなくなって

きているんですよ。

 

 

その代わりに、祝日という言葉が

広く使われるようになりました。

 

 

祭日って、実は失われつつある言葉だったんですね!

ちょっと驚きです。

 

 

すなわち今ある土日以外のお休みの日は全て祝日

ということになるんですね。

 

 

大晦日って平日 ?それとも祝日?年末年始はどういう扱い?

 

先ほども説明したように、

大晦日は厳密にいえば平日ではありますが、

学校も冬休みだし会社も冬期休業中。

 

 

ということで、

大晦日は平日だけれど多くの人が休みの日

と思っておくと良いでしょう。

 

 

中には大晦日まで仕事をする

会社もあるでしょう。

 

 

もちろんサービス業などは、

年末年始も休みではなく、

仕事をしている人がたくさんいますよね。

 

 

ちなみにお正月の1月1日は

元日という祝日ですよ。

 

 

でもやっぱり、中にはお正月関係なく

働く人もいます。

 

 

筆者も学生時代、

神社で巫女のバイトをしていたので、

年末年始は働いていました。

 

 

でもサービス業ではない職種なのでしたら、

一般的には年末は12月29日くらいから

お正月の三が日までは、お休みのことが多いですよね。

 

 

ということで、年末年始に

休めるかどうかは人それぞれ。

 

 

でも大晦日は祝日ではないということだけは

覚えておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

大晦日は祝日ではなく平日。

 

 

祝日とは法律で定められた

国民の休日のことなんですが、

これに大晦日は含まれていないので、

実は大晦日は休日ではなくその1年の

最後の平日だったんです。

 

 

また、昔は皇室が宗教的な儀式を執り行う日を

休みとして、それを祭日と呼んでいましたが、

今は祭日というものはなくなり、土日以外の

休みの日は基本的にすべて祝日なんですよ。

 

 

中には年末年始も

仕事をしている人たちがいるので、

ぜひそういう人たちに感謝をして

大晦日を過ごしたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました