牛丼の賞味期限はいつまでなの?手作りの場合の正しい保存方法!

豆知識

 

手作り牛丼の賞味期限って

いつまでなんでしょうか?

 

 

やっぱり手作りだと

あまり日持ちしなさそうですよね。

 

 

また、牛丼を保存するには

冷蔵でもOKなもの?

 

 

そこで今回は、

牛丼の賞味期限を詳しくご紹介!

 

 

あわせて、牛丼の正しい保存方法

解説していきます!

 

牛丼の賞味期限って手作りだとどうなるの?何日ぐらい置いておける?

 

牛丼は手作りの場合は

賞味期限は2~3日。

 

 

ただし、これは冷蔵庫に入れて

保存しておいた場合なので、

牛丼は必ず冷蔵保存しておきましょう。

 

 

常温だとその日中しか日持ちしませんし、

夏場だと数時間で

傷んでしまう場合もあるので、

くれぐれも注意してくださいね!

 

 

でも、2~3日の賞味期限なら、

たくさん牛丼が残ってしまったとしても、

何とか消費出来そうですよね!

 

 

美味しく食べるには

この賞味期限を守ることが大事なので、

ぜひ牛丼は冷蔵保存して

2~3日のうちに食べるようにしましょう。

 

 

ちなみに、あくまでも賞味期限なので

3日を超えても食べられる場合もあります。

 

 

しかし、牛丼から異臭がしたり、

糸を引いていたり、

カビが生えてしまっている場合は、

もう食べられません。

 

 

もったいなくても傷んでしまった牛丼は、

必ず処分しましょう。

 

 

手作りの場合は2~3日が

一番美味しく食べられる期間なんですね!

 

 

この期限を守って、できるだけ

早めに食べるようにしていきましょう!

 

牛丼は冷蔵庫に入れておく?次の日でも美味しく食べるには?

 

先ほども紹介したように、

手作りの牛丼は冷蔵庫に入れておくべし!

 

 

そうしないと傷んでしまうし、

2~3日も持たなくなってしまうのでご注意を。

 

 

ただし、より牛丼を日持ちさせたい場合は、

冷凍してしまうのがおすすめですよ。

 

 

牛丼は、冷凍すれば

3週間~1ヶ月は賞味期限が延びるので、

食べ切れない量がある時には

おすすめの保存方法なんです。

 

 

冷凍しておいた牛丼は、

レンジでチンすればすぐに食べられるので

とってもお手軽ですよ!

 

 

ということで、牛丼を作り過ぎてしまったり

もらい過ぎてしまった時は、

タッパーやフリーザーバッグに入れ、

冷凍保存をしていくようにしましょう!

 

 

やっぱり、冷凍した方が

長持ちするんですね。

 

 

ただし、冷凍しておいた牛丼を

1度解凍してしてから再度冷凍すると

劣化してしまうのでNG!

 

 

そのため、牛丼を冷凍するのでしたら、

1食分ずつに小分けにしてから

冷凍するようにしましょう。

 

 

そうすれば食べ切れる量を

解凍できるのでとっても安心ですよ!

 

 

ぜひ牛丼は冷蔵保存するか、

もっと長く保存しておきたい時は、

冷凍保存をして鮮度を守るように

していきましょう!

 

まとめ

 

手作り牛丼の賞味期限は

冷蔵保存で約2~3日!

 

 

ただし、常温だと

1日しか持たないのでご注意を。

 

 

また、より賞味期限を長くしたい場合は、

牛丼を冷凍保存しておくと安心ですよ!

 

 

賞味期限を3週間~1ヶ月に延ばせて、

鮮度も保てるので何かと便利なんです。

 

 

牛丼はぜひ、小分けにして

冷凍保存しておきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました