親戚の子供がうざい!たまに会う小さい子とうまく付き合うには!?

人間関係

 

親戚の子供がうざい場合って、

一体どうやって付き合っていくべき?

 

 

たまにしか会わないけれど、

親戚の小さい子供がうざいと、

本当に親戚付き合いがイヤに

なってしまいますよね…。

 

 

そこで今回は、親戚の子供がうざい場合、

どうやって付き合っていけばいいのかを

大公開!

 

 

親戚付き合いに悩んでいるあなた!

必見ですよ。

 

親戚の子供って面倒…たまにしか会わないけどどう接するべき?

 

親戚の子供って、

まだ小さい子だと本当に面倒ですよね…。

 

 

特にやんちゃな子なら、

暴れ回ったりいたずらしたりして、

すごく面倒だしうざいと思ってしまうはず。

 

 

実は筆者も親戚の子供は苦手なので、

その気持ちがよーくわかります!

 

 

確かにたまにしか会わないけれど、

それでも、やっぱり会っている時は

うざいと感じてしまいますよね。

 

 

そこで、

極力は親戚の子供とは距離を置いて、

他の親戚の人と話し込むように

していきましょう。

 

 

また、料理の配膳を手伝うなど、

手伝いに集中するようにしていれば、

子供の相手をしなくてもよくなるので

おすすめですよ。

 

 

筆者も親戚の集まりがある時は、

ひたすら料理の配膳や

後片付けを手伝うなどして、

子供の相手を回避するようにしています。

 

 

子供の相手は他の誰かに任せて、

自分は別のことをしているように

しましょう。

 

 

そうすれば子供と付き合わなくて済み

気が楽ですよ。

 

親戚の子供のしつけはどこまで介入?上手な距離の測り方!

 

親戚の子供がやんちゃだったとしても、

しつけの介入はしなくてもOK!

 

 

基本的に親御さんがしつけをするものなので、

こちらからわざわざ

子供のしつけに介入するなど、

関わるようなことはしなくて大丈夫です。

 

 

親戚の子供に関わろうとすると、

またややこしいことになってしまうし、

子供の相手をしなければ

いけなくなるかもしれないので、

とにかく、しつけは親御さんか、

他の親戚に任せましょう。

 

 

とにかく距離を置き、

自分は料理の手伝いなど

他のことに集中すること。

 

 

やっぱりこれが一番の距離の置き方なので、

ぜひ親戚で集まった時は

試してみてくださいね。

 

 

しつけに介入する必要も義務もないので、

子供はそっと見守るようにしましょう。

 

 

そうすれば親戚での集まりも

そこまで苦にはなりませんよ。

 

 

面倒な子供は放置するのが一番なので、

ぜひ子供とは距離を置いて、

極力関わらないようにしましょう。

 

 

料理の配膳など手伝いをしていれば、

子供の相手を頼まれる心配もないので

とても安心ですよ!

 

 

ぜひ親戚の集まりでは

この方法を試してみてくださいね!

 

まとめ

 

親戚の子供がうざい場合は、

とにかく子供とは距離を置くこと!

 

 

料理の配膳や後片付けなどを手伝い、

子供に関わることを避けるように

していってくださいね。

 

 

そうすれば子供をうざいと感じることもなく

上手に親戚付き合いをこなすことが出来て

とってもおすすめ。

 

 

ぜひストレスフリー

親戚付き合いをしていくようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました