これって冷害かも!?多肉植物が凍ってしまった時の症状と対策

豆知識

 

 

日本の厳しい寒さの冬の季節

多肉植物にとっては辛い環境となります。

 

 

中には育てていたものに

冷害がでてしまう方もいるでしょう。

 

 

そして多肉植物といえば

パキラやパンジーを育てている方が

多いと思います。

 

 

冬を越すためにも、どのようなことに

気を付けるべきか気になりますよね。

 

 

今回は、観葉植物の越冬の仕方

寒冷地での園芸の基本をご紹介します。

 

 

 

パキラが凍った!?観葉植物の越冬の仕方と気を付けるべきこと

 

 

パキラの冷害の症状

葉が萎れる、落ちる、根腐れが起きる、など

です。

 

 

パキラは丈夫な観賞植物と思われがちですが

日本の寒さには耐えられません。

 

 

寒さに弱い植物のため

5℃以下にもなれば枯れてしまいます。

 

 

 

パキラの冷害の対処法は?

 

 

葉が萎れた場合は

早急に水やりをして下さい。

 

 

パキラの鉢の下に受け皿などを敷いて

たっぷりと水をあげましょう。

 

 

ただし、長時間に水につけると

根腐れが起きてしまうことがあるため

気を付けましょう。

 

 

葉が落ちるようになったら

急いで暖かい場所へ移動させてください。

 

 

窓辺などは気温が低いため、避けましょう。

 

 

また、ビニールをかけて保温する方法

あります。

 

 

また、根腐れしてしまった場合は

水を減らし、土を乾燥させましょう。

 

 

気を付けるべきことは

水やり、温度管理となります。

 

・水やりは乾いてからたっぷりとあげる
・温度は5度以上の場所に置く
 

パキラの越冬

この2つを意識してください。

 

 

 

パンジーが凍った!?寒冷地での園芸の基本

 

 

パンジーは寒さに強い

冬の代表的な花ですよね。

 

 

秋から春まで楽しむことができる花です。

 

 

しかし、パンジーも

夜間の冷え込みが強すぎると

バリバリに凍ってしまうことがあります。

 

 

ですが安心してください!

 

パンジーは寒さに強い花

復活する可能性も高いのです。

 

 

 

パンジーが凍ってしまった場合

 

パンジーは寒さに強い花のため

多少凍っていても焦る必要はありません。

 

 

昼にもなれば気温も上げり

元気よくなります。

 

 

ただし、パンジーの耐寒温度の-10℃を

超えてしまうと枯れてしまうことがあります。

 

 

そうならないためにも

風の当たらない場所に置くように

してください。

 

 

ホットキャップや周りに

風を防ぐものを覆うのもアリです。

 

 

寒冷地の園芸の基本

その植物の耐寒温度を調べ

対策をとってください。

 

 

植物によって水やりやケアも異なるため

一つ一つしっかりと様子を見てあげましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

観葉植物の越冬の仕方や寒冷地での

園芸の基本をご紹介しましたが

いかがでしたか?

 

 

越冬の仕方は、その植物によって異なります。

 

 

パキラは観葉植物で

5℃以下は耐えられないため

暖かい場所で管理しましょう。

 

 

パンジーの場合は

ホットキャップなどで

対策をとってください。

 

 

冬だからといって

諦める必要はありません!

 

 

寒冷地では管理も大変ですが

工夫次第で元気よく育ってくれますよ♪

 

 

越冬の仕方に困っている方は

是非参考にしてみて下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました