おにぎりって前日に作ってもいいの?おいしいが続く保存方法!

豆知識

 

おにぎりは前日に作っておいた場合、

どんな保存方法をすればいいんでしょうか?

 

 

前日におにぎりを作ってしまうと、

パサパサになってしまいそうですよね…。

 

 

それに、前日に作っておくことで、

食中毒が発生しないかという心配もあります。

 

 

ということで今回は、

おにぎりを前日に作っておく場合は、

どうやって保存すればいいのか

ベストな保存方法をご紹介していきます!

 

 

おにぎりを前日に作るとパサパサになる?乾燥を防ぐ方法は?

 

前日におにぎりを作ってしまうと、

翌日お米が乾燥してパサパサ

なってしまうことがありますよね…。

 

 

でも、そんな時でも乾燥を防ぐために、

作ったおにぎりはラップにしっかり包み、

そしてフリーザーバッグに入れておきましょう。

 

 

するとおにぎりが乾燥してパサパサになるのを

防ぐことが出来ますよ!

 

 

やっぱりラップとフリーザーバッグに入れる、

という保存方法がベストなんですね!

 

 

パサパサのおにぎりって

美味しくないですものね…。

 

 

でも、しっかりラップに包み、

フリーザーバッグに入れておけば、

乾燥対策になるのでぜひ試していきましょう!

 

 

ちなみに手順としては、

ラップにご飯を入れておにぎりを作ったら、

粗熱を冷まし、新しいラップにしっかり包んで、

そしてフリーザーバッグに入れて

保存をするといいですよ!

 

 

そうすれば安心なので手順をしっかり

守るようにしましょう。

 

 

おにぎりは前日に作って常温でOK!?美味しく保つ保存方法!

 

おにぎりは前日に作ったら、

常温で保存するのはNGです!

 

 

必ず冷蔵庫に入れて

保存しておくようにしましょう。

 

 

というのも、

やっぱり常温で保存しておいてしまうと、

食中毒を発生させてしまう危険性が

高くなるんですよね。

 

 

夏場などは特に危険ですよ!

 

 

そのため、おにぎりは前日に作ったら、

必ず冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

 

 

先ほど紹介したように、ラップにおにぎりを包み、

そしてフリーザーバッグに入れておけば、

冷蔵庫でおにぎりを保存しておいても、

パサパサになりにくいので安心ですよ。

 

 

食中毒を発生させないためにも、ぜひおにぎりは

冷蔵保存をしておくようにしましょう。

 

 

ちなみに、作ったおにぎりを持っていく際も、

保冷剤を添えておくことは

忘れないようにしてくださいね!

 

 

特に夏場は傷みやすいので、保冷剤が必須ですよ!

 

 

やっぱりおにぎりを作ったら、

冷蔵で保存しておくのが一番なんですね。

 

 

ということで、

安心なのは冷蔵での保存方法なので、

ぜひ覚えておくようにしましょう。

 

 

そうすればおにぎりを安全に、

なおかつ美味しく食べることが出来ますよ!

 

 

まとめ

 

 

おにぎりを前日に作っておく場合は、

ラップにしっかり包んでフリーザーバッグに入れて、

冷蔵で保存しておくようにしましょう。

 

 

ラップに包みフリーザーバッグに入れておけば、

パサパサになってしまう心配もありませんし、

冷蔵保存をしておけば、

食中毒を発生させる心配もありません。

 

 

ぜひおにぎりは前日に作ったら、

冷蔵庫に入れて保存し、持ち歩く際も、

保冷剤を添えることを忘れないように

してくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました