マイナンバーカードの写真にカラコンってありなの?不備になるの!?

マナー・ルール

 

マイナンバーカードの写真を撮影する時、

カラコンをつけていてもいいのでしょうか?

 

 

でもカラコンって、

印象を変えてしまうこともあるから、

写真が不備になってしまいそうですよね…。

 

 

それでも実際のところはカラコンは

どうなんでしょう?

 

 

今回はマイナンバーカードを申請する時に

知っておきたい、ラコンをつけた写真は

不備になるのかどうかを紹介します。

 

 

マイナンバーカードの写真が別人みたいだったら?カラコンは可?

 

結論からいうと、

印象を大きく変えないのでしたら、

カラコンをつけていて写真を撮影しても

問題はありません。

 

 

ただし派手な色付きなど、印象などが大きく変わり、

別人になってしまうようなカラコンの着用はNG!

 

 

筆者はカラコンは絶対にダメだと思ってましたが、

印象が変わらなければ、カラコンをしていても

OKだったんですね!

 

 

なんだかちょっとびっくりです。

 

 

でも、基本的には後々に、

写真に不備があるといけないので、

筆者個人的なおすすめとしては、

出来ればカラコンは外しておいて、

マイナンバーカード用の写真を撮ると良いでしょう。

 

 

その方が何かと安心なんですよ。

 

 

やっぱり申請してから不備があったりすると

面倒ですからね。

 

 

写真の不備がないように、事前に写真はチェックして、

マイナンバーカードを申請するようにしましょう!

 

 

マイナンバーカードの写真が不備になるのはどんな時?注意点は?

 

では続いて、意外と知られていない、

マイナンバーカードを申請しても、

不備になってしまう写真の特徴や

撮影時の注意点を紹介します。

 

 

顔が隠れてしまっている写真

 

 

帽子マスクなどをしている写真はもちろん、

ヘアバンドフレームの大きいメガネ

サングラスをしている写真もNGとなります。

 

 

また、顔の輪郭が分からないくらい、

大きめの装飾品を髪につけている場合も、

不備となってしまうので注意しましょう。

 

 

目が隠れている写真

 

 

前髪が長すぎて目が隠れている写真や、

メガネのフレームが目にかかってしまっている

写真等もNG!

 

 

なるべく目は出すように写真を撮りましょう。

 

 

背景があるものや笑っているもの、不鮮明な写真

 

 

背景がある写真笑ってしまっている写真

そして手ブレやピンボケなど、不鮮明な写真は当然、

マイナンバーカードを申請しても

不備になってしまいます。

 

 

背景は白で無表情、ハッキリとした写真を

撮るようにしましょう。

 

 

基本的には以上のポイントを守って、

普通に写真を撮影しておけば、

不備になることはありませんよ。

 

 

より細かい写真の不備については、

下記のサイトもあわせて参考にしてくださいね!

 

 

顔写真のチェックポイント – マイナンバーカード総合サイト

 

 

ちなみに、アクセサリー等はシンプルなものでしたら、

身につけていてもOK!

 

 

また、女性の場合は化粧も極力濃すぎないようにして、

ナチュラルなメイクにしておきましょう。

 

 

特に印象を変えてしまうメイクはNGなので、

くれぐれも注意してくださいね!

 

 

そうすれば不備もなく

マイナンバーカードを申請出来ますよ。

 

 

ちなみに筆者はマイナンバーを申請する際、

普通に証明写真機で写真を撮影しました。

 

 

やっぱり証明写真を提出して

マイナンバーカードを申請するのが、

最も無難に申請できる方法なんですよね。

 

 

まとめ

 

 

マイナンバーカードを申請する際、

印象が変わらないのでしたら、

カラコンをつけて写真を撮影してもOK!

 

 

ただし印象を変えてしまったり、

顔がよく見えない、輪郭が分からない写真、

背景があったり不鮮明な写真などは、

NGになってしまうのでご注意を。

 

 

不備のない写真で申請して、スムーズに

マイナンバーカードを入手しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました