ワイドパンツの裾ってどうしてる?汚いのは嫌!着用時の問題!

豆知識

 

ワイドパンツの裾って、踏ん付けたり、

地面についてしまいそうで汚い感じがしますよね…。

 

 

一体どうしたらワイドパンツの裾を

汚さずにはけるんでしょうか?

 

 

裾が長いとどうしても汚い状態になりそう…。

 

 

そこで今回は

ワイドパンツの裾が汚くならないようにするには、

どうはいたら良いのかをご紹介していきます!

 

 

ワイドパンツをはいてみたいけど…裾を踏むのが怖くて心配!

 

ワイドパンツって最近流行りだし、

オシャレのためにはきたいですよね。

 

 

でも、裾が長いと踏ん付けてしまうのが

ちょっと心配…。

 

 

それに裾が長いと地面についてしまい、

汚くなってしまいますよね。

 

 

そんな時はやっぱり一番おすすめなのは、

ワイドパンツをハイウエストではき、

ベルトで留めてしまうことです!

 

 

ハイウエストでワイドパンツをはけば、

裾を踏ん付ける心配もないし、

裾が汚い状態になってしまうのも防げますよ!

 

 

ということで、ワイドパンツはぜひ、

ハイウエストではくようにして、

ベルトも着用しておきましょう!

 

 

やっぱり裾を踏ん付けたり、

裾と地面がこすれてしまうのは、

避けたいところですよね…。

 

 

また、ヒールが高い靴

厚底の靴を履くのもおすすめ。

 

 

高いヒールや厚底の靴なら、ワイドパンツの裾と、

地面との間に距離が出来るので、

とっても安心してはくことが出来ますよ。

 

 

ワイドパンツをはく時は、

靴選びも考えていくと良いですね!

 

 

ワイドパンツの裾を引きずる丈ってどうなの?ベストな丈感とは?

 

ワイドパンツのベストな丈感はズバリ、

足首までの長さですね。

 

 

ワイドパンツの裾が足首までの長さでしたら、

裾を引きずる心配もないし、

裾を踏んでしまうこともないでしょう。

 

 

ということでワイドパンツは

足首の丈になるようにはくと良いですよ!

 

 

ただし階段を上る時は足首丈でも、

多少上りにくいかも知れませんので、

階段を上る際は、ワイドパンツの裾を

少し持ち上げるようにして、

裾を踏まないように注意しましょう。

 

 

そうすればより安心して階段を上れますよ。

 

 

やっぱり裾が汚くなってしまったり、

踏ん付けてしまう、というのは避けたいですからね。

 

 

ワイドパンツをはく時は丈感にも注意しましょう。

 

 

そうすれば裾が汚くなってしまうことも避けられて、

とっても安心してワイドパンツをはけますよ!

 

 

ちなみに、丈感を調整するのにもやっぱり、

先ほど紹介したように、ハイウエストではいて、

ベルトで留めるのが一番なので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

ワイドパンツはハイウエストではき、

ベルトを使用すること。

 

 

これがワイドパンツをはく時の極意なので、

ぜひ忘れないようにしましょう!

 

 

まとめ

 

 

ワイドパンツの裾を汚くしたり、

踏ん付けたりしてしまわないためには、

ハイウエストではいてベルトで留めるのが一番!

 

 

また、おすすめの丈感は足首丈なので

覚えておきましょう。

 

 

このはき方と丈感を守れば、

裾をキレイな状態で保てるし、

踏ん付ける心配もないので安心ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました