アパートでの話し声で苦情が来るのはどれぐらい?何時までならOK?

マナー・ルール

 

アパートの話し声苦情が来るのは、

一体どれくらいの声の大きさなんでしょうか?

 

 

また、アパートでは何時までなら、

話し声が聞こえててもOKなもの?

 

 

やっぱり騒音の苦情がきてしまうのは

避けたいですよね。

 

 

そこで今回は、

アパートの話し声で苦情がきてしまう

声の大きさや、時間帯などを詳しく

紹介していきます。

 

 

アパートの話し声が気になってくるのはどれくらい?

 

アパートで話し声が気になってくる声量はズバリ、

大声を出したり大きな声で笑ったりする程度でしょう。

 

 

電話をしていてついつい大きな声を出したり、

テレビを見ていて大笑いをしてしまうと、

時間帯によっては苦情がきてしまいます。

 

 

また、友人を呼んで

楽しくおしゃべりをしている場合でも、

やっぱりどうしても声が大きくなってしまうので、

注意が必要なんですよね…。

 

 

ということで、声の大きさには要注意!

 

 

自分が気づかないうちに

声が大きくなっている、という可能性も

あるので、アパートでの苦情が怖いのでしたら、

ぜひ話し声はなるべく小さくしてくださいね!

 

 

ただし、普通の声量であっても、

時間帯によっては苦情がきてしまう場合

あり得ます。

 

 

では続いては、話し声は一体何時までならOKなのか、

時間帯を詳しく解説していきますね。

 

 

アパートでの話し声!何時までなら大丈夫?どこまで気を付ける?

 

アパートでの話し声はズバリ、

夜の10時頃までなら大丈夫でしょう。

 

 

それより遅い時間帯になってしまうと、

就寝する人も多いので、話し声が聞こえてくると、

やっぱり苦情がきてしまうことがあります…。

 

 

苦情が来ないためにも、夜の10時を過ぎたら、

声量を落としたりなど、静かにしてくださいね。

 

 

特に夜中は静かにすることが重要。

 

 

友達を呼んで夜遅くまでずっとおしゃべりしていたい、

という場合もあるでしょうが、そうすると苦情が

きてしまうので、くれぐれも注意してくださいね!

 

 

夜の10時を過ぎたら、テレビの音量も下げて、

とにかく静かにすることが大事。

 

 

そうすれば苦情もこないので安心ですよ。

 

 

やっぱり苦情がくるってすごくイヤですからね。

 

 

場合によっては、いきなり怒鳴り込まれる

なんてこともあるかもしれません。

 

 

特に木造のアパートでしたら、壁も薄いし、

防音設備もしっかりしていない可能性があるので、

話し声にはくれぐれも注意しましょう。

 

 

ちなみに筆者が住んでいたアパートは、

防音設備がかなりしっかりしていたようで、

住んでいる間、一度も苦情がきたことはありません。

 

 

住んでいるアパートの設備や壁の薄さなどにもよりますが、

とにかく夜遅くに騒ぐのは絶対にNG!

 

 

苦情が何度もきてしまうと、

退去せざるを得ない場合もあるので、

ぜひ話し声はアパート内では小さめにしましょう。

 

 

そうすれば苦情もこないので、

安心して暮らせますよ!

 

 

まとめ

 

 

アパートの話し声はなるべく小さめにすること。

 

 

あまり大きい声を出すと騒音になってしまうので、

注意してくださいね。

 

 

特に夜10時を過ぎたら、就寝する人もいるので、

話し声はもちろんテレビの音量なども小さくすること。

 

 

そうすれば苦情はこないのでとっても安心ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました