逆上がりって何年生ぐらいからできるもの?できない理由は!?

子育て

 

逆上がりって、だいたい何年生くらいから

出来るものなんでしょうか?

 

 

何度試してみても、

逆上がりが出来ない理由も知りたいですよね。

 

 

やっぱり逆上がりも出来た方が、

子供に自信がつくもの!

 

 

そこで今回は、

逆上がりは何年生で出来るようになるのか

また逆上がりが出来るようになるコツ

紹介します!

 

 

逆上がりで回りきれないのはどうして?考えられる原因とは?

 

逆上がりで回りきれないのは、

腕の力が弱いからなんですよね…。

 

 

一見、逆上がりって

足の力で上がるように思えますが、

実は必要なのは腕の力の方なんですよ!

 

 

体を鉄棒に上手く引き寄せる腕力があれば、

助走をつけなくても、逆上がりは出来る

ようになります。

 

 

要するに、逆上がりが苦手な子、出来ない子って、

腕の力が足りなかったんですね!

 

 

筆者も初めは、足や腹筋で体を持ち上げて

逆上がりをすると思っていたので、

腕の力が必要なのは驚きでした。

 

 

でも、逆上がりが出来ない、

逆上がりをする際に回りきれない原因が分かれば、

後はコツを掴んで練習するだけです!

 

 

ということで続いては、

逆上がりが出来るようになるコツと、

出来るようになる学年を詳しく解説しますね。

 

 

逆上がりに使う筋肉とは?できるようになる目安と学年!

 

逆上がりは先ほども紹介したように、腕の力、

つまり腕の筋肉を必要とします。

 

 

そのため、まずは腕の筋肉を鍛えていく

いいですね。

 

 

そのためにはまず、

ひじをまげてまるで懸垂するように、

鉄棒にぶら下がってみましょう。

 

 

5秒間くらいぶら下がれるようなら、

逆上がりに必要な腕の筋肉がある

いうことになりますよ。

 

 

でも5秒間ぶら下がれない場合は、

腕の筋肉がまだ足りないということなので、

腕立て伏せなどをして、腕の筋肉を

鍛えていきましょう。

 

 

腕立て伏せはだいたい、

ゆっくりと時間をかけて、

10回出来れば筋力を鍛えられますよ!

 

 

この10回を3セット、

つまり30回行うようにしてください。

 

 

そうすれば、腕の筋肉が鍛えられて、

逆上がりも出来るようになるでしょう。

 

 

そして、逆上がりは早い子だと

3年~4年生で出来るようになりますが、

5年~6年生で出来るようになる子も多いので、

そんなに焦らずに、自分のペースで練習していくと

いいですよ!

 

 

ちなみに、筆者は逆上がりが出来ません!

 

 

たとえ逆上がりが出来なくても、

将来体操選手を目指しているのでないのでしたら、

全く問題ないので、そこまで悲観することもないですよ!

 

 

でもどうしても逆上がりが出来るようになりたい、

と思うのでしたら、やっぱり腕力をつけて、

逆上がりをしていくようにしましょう。

 

 

腕力をつけることこそが、

逆上がりをマスターするコツなので、

ぜひ覚えておいてくださいね!

 

 

腕力がつけば、自然と逆上がりも

出来るようになるので、ぜひ腕の筋肉を鍛えて、

逆上がりを練習していきましょう。

 

 

まとめ

 

 

逆上がりは早くて3年~4年生で

出来るようになりますが、5年~6年生で

出来るようになる子も多いので焦らないこと。

 

 

そして、逆上がりに必要なのは腕の筋力なので、

腕立て伏せなどをして、腕の筋肉を

鍛えるようにしましょう。

 

 

そうすれば逆上がりも

簡単に出来るようになりますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました