玉ねぎが苦いのはなぜ?生でもおいしく食べるにはどうすればいいの?

豆知識

 

玉ねぎって

生で食べるとなぜか苦いですよね…。

 

 

でも、サラダなどにして

生でも美味しく食べたいもの!

 

 

一体どうすれば、

生でも美味しく食べられるんでしょうか?

 

 

そこで今回は、意外と知られていない、

苦い玉ねぎでも

生で美味しく食べられる方法をご紹介!

 

 

ぜひ、苦い玉ねぎでも

敬遠せずに美味しく食べましょう!

 

玉ねぎってそのままだと苦い!生で食べることはできないの?

 

なぜ玉ねぎは

そのまま食べると苦いかというと、

ケルセチンという成分によるものなんです。

 

 

この成分が含まれていることで、

玉ねぎを生で食べると

苦味を感じるようになるんです…。

 

 

苦いと、生で美味しく

食べることが出来ないので、

本当に困ってしまいますよね。

 

 

それでも、

下記のように玉ねぎを下処理すれば、

苦味を感じることなく

美味しく食べられるんです!

 

 

基本的な苦味を取る方法は簡単。

 

 

玉ねぎをカットしたら

水にさらしておくだけ。

 

 

そうすれば、

苦味も辛味も一緒に抜けるので、

玉ねぎを美味しく食べることが出来ます。

 

 

筆者も玉ねぎを生で食べる時は、

水にさらすようにしています。

 

 

たったそれだけで

苦味も随分と抑えられるので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

玉ねぎが苦いけどサラダで食べたい!おいしく食べる方法とは?

 

玉ねぎを水にさらしてみたけれど、

やっぱり生で食べると苦い場合には、

玉ねぎに塩を振っておくようにしましょう。

 

 

サラダに使う場合、

まずスライスした玉ねぎをザルに入れ、

塩を振ってよく揉み込んでおきます。

 

 

そして15分ほど経ったら、

流水でしっかりと洗い流し、

水気をキッチンペーパーで拭き取ればOK

 

 

こうすると苦味がしっかり抑えられ、

サラダでも美味しく食べることが

出来るようになりますよ!

 

 

もしくは、

塩水にさらしておくのも効果的です。

 

 

だいたい15分~30分ほど、

スライスした玉ねぎを塩水にさらしておく

辛味と苦味が一緒に抜けて、

とっても食べやすくなるんですよ!

 

 

かなり効果的で

個人的にもおすすめしたい方法なので、

ぜひサラダに玉ねぎを使う時は

試してみてくださいね。

 

 

やっぱり辛味や苦味のない、

美味しい玉ねぎが食べたいですよね。

 

 

そのためにも、

水にさらしたり塩揉みしたり、

塩水にさらすことがベストなので、

ぜひ覚えておくようにしましょう。

 

 

玉ねぎが苦いと美味しさも

半減してしまいますからね。

 

 

ちなみに、

玉ねぎを水にさらしたり塩揉みしたり、

塩水にさらしても

苦味が消えない場合には、

玉ねぎ自体が古くなっている、

つまり傷み始めている可能性があります。

 

 

そのため、

どうやっても苦味が消えない玉ねぎは、

食べないように注意しましょう!

 

 

ひょっとしたら食中毒

起こしてしまう可能性もあるので、

くれぐれも注意して、

苦い玉ねぎは食べないでくださいね。

 

まとめ

 

玉ねぎが苦いのは

ケルセチンという成分によるものですが、

水にさらしたり、塩揉みしておいたり、

塩水にさらしておくことで、

苦味、辛味を除去することが出来ます。

 

 

そのため、玉ねぎを生で食べる場合は、

水や塩水にさらすか、

塩揉みして流水で洗い流しましょう。

 

 

そうすればとっても美味しく、

サラダにした玉ねぎを食べることが

出来ますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました