雑草って燃えるゴミに出すのが正解?大量な場合もそうするべきなの?

マナー・ルール

 

雑草って燃えるゴミで出すものなんでしょうか?

 

 

確かに処分方法がちょっと分かりにくいですよね。

 

 

それに、大量に雑草がある場合も、

燃えるゴミとして処分してしまっていいもの?

 

 

そこで今回は、

意外と知られていない雑草の処分方法について、

詳しく紹介していきます。

 

 

草取りしたら大量の雑草が!これってどうする?処分方法とは!?

 

雑草は基本的には燃えるゴミとして

処分してしまって大丈夫です。

 

 

ただし大量にある場合は、

本当に燃えるゴミとして処分して良いのか、

自治体のゴミ分別方法によって異なる場合もあるので、

まずは住んでいる自治体のゴミ分別の仕方を

チェックしておきましょう。

 

 

地域によっては、ゴミ袋3つまでなら、

燃えるゴミとして処分して大丈夫など、

制限が設けられている場合があるんですよね…。

 

 

そのため、必ず燃えるゴミとして処分する前には、

自治体のゴミ分別表を確認しておいてくださいね。

 

 

また、燃えるゴミとして処分する場合は必ず、

小石や小枝など、雑草以外のものが

入っていないようにすること。

 

 

そして、燃えるゴミとして出すからといって、

紙や生ゴミなど、他の燃えるゴミと一緒に

袋に入れないように、必ず注意してくださいね。

 

 

雑草は雑草だけを指定の袋に詰めて、

燃えるゴミとして出すようにしましょう。

 

 

ちなみに筆者が住んでいる地域でも、

雑草は透明か半透明の袋に入れ、

3つまで燃えるゴミとして出すことが出来る、

という指定がありました。

 

 

他の地域でも、

このように細かい指定があると思われるので、

必ずゴミの分別方法を事前にチェックしてから、

処分するようにしてくださいね。

 

 

雑草を燃やすのはあり?それともなし?正しい処分方法とは?

雑草を燃えるゴミとして出すのが面倒だからといって、

燃やしてしまうのは絶対にNGですよ!

 

 

煙や臭いが出てご近所さんのご迷惑になってしまうし、

火事だと疑われて消防に通報されてしまう

ケースもあります。

 

 

そのため、絶対に雑草は燃やして処分する、

ということはしないようにしてくださいね。

 

 

雑草はやっぱり、燃えるゴミとして処分するか、

少量の雑草の場合は、土に埋めて処分してしまうのも

おすすめです。

 

 

ただ、雑草の量がものすごく多くて、

1度に燃えるゴミとして処分できない場合は、

ゴミ回収業者に依頼をして引き取ってもらいましょう。

 

 

そうすれば大量に雑草が出てしまったとしても、

安心して雑草を処分することが出来ますよ!

 

 

確かに大量の雑草って処分に困ってしまいますよね…。

 

 

でも、ゴミ回収業者なら大量の雑草でも、

お金はかかりますが引き取ってくれるので、

一番安心だし手っ取り早いですよ。

 

 

ちなみにゴミ回収業者に依頼をする場合は、

まずいくつかの業者をピックアップしたら、

見積もりを出してもらいましょう。

 

 

そして見積もりをみてから、

どこの業者が一番お得に雑草を引き取ってもらえるか、

選んでいくのがおすすめですね。

 

 

ということで、大量の雑草は燃えるゴミとして出すか、

回収業者に依頼をして引き取ってもらうようにしましょう!

 

 

まとめ

 

 

雑草は基本的には燃えるゴミとして処分してOKですが、

処分の仕方などが細かく指定されている可能性があるので、

自治体のゴミ分別表をチェックしておきましょう。

 

 

そして、大量の雑草があるからといって、

絶対に雑草は自分で燃やさないこと!

 

 

危険だしご近所さんに迷惑だし、

消防に通報されてしまいますよ!

 

 

大量に雑草があって困っている場合は、

ゴミ回収業者に依頼をするといいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました