夏休みの宿題って結局は親の負担になるだけじゃない?どうやらせる?

子育て

 

子供の夏休みの宿題って、

親が手伝わないといけなかったりして、

結局は親の負担になることが多いですよね…。

 

 

一体どうしたら、子供は夏休みの宿題を自分で、

進んでするようになるのでしょうか?

 

 

そこで今回は、夏休みの宿題でかかる

親の負担を軽減するには、一体どうしたらいいのか

子供が自分で宿題をするようにするには、

なんと言えばいいのかを詳しく紹介します。

 

 

夏休みの宿題が間に合わない!親としてやるべきこととは!?

 

夏休みの宿題をギリギリまでしないで、

新学期まで間に合わない!なんてことも

よくありますよね。

 

 

確かに子供って夏休みの宿題をパパッと、

先に片付けようとする子って少ないもの。

 

 

でも夏休みの宿題がたとえ間に合わないとしても、

親としてはなるべく手伝わないようにしましょう!

 

 

子供は間に合わなそうだったら、

親に頼めば手伝ってくれるもの、と思っているため、

ギリギリまで宿題をしないことが多いんです。

 

 

でも、夏休みが始まったら、

『お母さんお父さんは手伝わないからね』

と何度も事あるごとに言っておくことで、

子供は仕方なく自分で宿題をせざるを得なくなるでしょう。

 

 

また、もし夏休み終わりのギリギリになって、

宿題を手伝ってと頼まれても、キッパリと断ること。

 

 

分からないところを教えるくらいはしても良いですが、

本来は子供がやるべき宿題を親が代わりにする、

ということは絶対にやめましょう。

 

 

そうすれば親の負担は軽くなり、夏休みの宿題も、

子供が自分で進めていくようになりますよ!

 

 

夏休みの宿題は分からないところを教えたり、

ヒントを与えるだけに留めておいて、

代わりにやるということはしないこと。

 

 

これを夏休みが始まったらすぐに、

子供に伝えておくようにしましょう。

 

 

夏休みの宿題を一日で終わらせるには?なんて声がけすればいい?

 

夏休みの宿題は子供が頑張れば

1日で終わらせることが出来ます。

 

 

そのためにも親御さんは、

『宿題が終わるまでゲーム禁止』などと言い、

子供からゲームなど遊ぶものを取り上げてしまう

良いですよ。

 

 

そうすると嫌でも子供は

宿題をしなければならなくなるので、

1日で宿題を終わらせられるでしょう。

 

 

でも、夏休み最後の日にあまり宿題で

バタバタしたくないですよね。

 

 

そのため、夏休みに入ったらすぐに

ゲームを取り上げるなどして、

『宿題が終わったら遊んでいいよ』と

言うようにしてもOK!

 

 

先に宿題を終わらせてしまえば、

親の負担や懸念がなくなるのでとっても安心で

おすすめですよ。

 

 

ということで、

夏休み中は子供から楽しみをまずお預けにして、

宿題に専念させるようにしましょう。

 

 

日記や観察日記などは残しておいても大丈夫ですが、

漢字や算数ドリル、工作など、すぐに出来そうなものは、

夏休みの早い時期に終わらせておくと良いですね。

 

 

やっぱりそうすれば、子供も楽しく夏休みを過ごせるし、

親の負担も減らせるので、ぜひ夏休みの宿題は、

すぐに終わらせるようにさせましょう!

 

 

まとめ

 

 

夏休みの宿題が親の負担になってしまうのでしたら、

子供には先に、絶対に宿題を手伝わない、

ということを言っておくと良いですよ。

 

 

そして分からないところを教えてあげるなど、

ヒントを出すだけにしておいて、子供の代わりに宿題をしない、

ということをしっかり伝えておいてくださいね。

 

 

また、宿題を早めに終わらせてほしい場合は、

ゲームなど楽しみを取り上げて、

宿題が終わってからじゃないとダメ、

とキッパリ言ってしまうのが良いでしょう。

 

 

そうすれば夏休み終わりのギリギリになって、

宿題を片付けるのにバタバタしないで済むので

おすすめですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました