隣家との境目にフェンスを作りたい!勝手に目隠しするのはあり?

人間関係

 

隣家との境目フェンスを作りたいけれど、

勝手に設置しても良いものなんでしょうか?

 

 

勝手にフェンスを作ると、

隣家とのトラブルが起こらないか、

すごく心配になってしまいますよね…。

 

 

でもやっぱり目隠しになるフェンスは

欲しいところ。

 

 

ということで今回は、

隣家との境目にフェンスを勝手に作ってもいいのか

またどんなフェンスがおすすめなのかを紹介します。

 

 

隣家とのフェンスの高さってどれぐらい?勝手に設置するのはまずい?

 

フェンスの高さの制限は

市区町村によって異なる場合もありますが、

基本的には2m以下という基準が設けられていることが

あるんですよね。

 

 

そのため、フェンスを設置するのでしたら、

2m以下の高さにしておくと良いでしょう。

 

 

そしてフェンスを設置する場合は、

一言隣家にご挨拶をしておいた方が良いですよ!

 

 

というのも、フェンスを設置することによって、

隣家の日当たりが悪くなってしまったり、

圧迫感が出てしまうこともあります。

 

 

また、フェンスを設置する際の工事の音

迷惑をかけてしまう場合も!

 

 

トラブルを回避するためにも、フェンスは

たとえ自分の家の敷地内であったとしても、

勝手に設置することなく、必ずお隣さんに

ご挨拶しておくようにしましょう。

 

 

そうすればトラブルも避けられるので安心ですよ!

 

 

やっぱり隣家の人とトラブルには

なりたくないですよね…。

 

 

一言ご挨拶をしておけば、

フェンスを設置しても問題ないので、

ぜひ隣家の人にはご挨拶をすることを

忘れないようにしてくださいね!

 

 

やっぱり勝手に設置するのはとてもマズいので、

くれぐれも勝手にフェンスは設置しないようにしましょう。

 

 

隣家の目隠しのためのフェンス!おすすめのタイプと選び方!

 

隣家の目隠しになるためのフェンスの選び方は、

目隠しになるだけでなく、採光風通しなども

考えて選ぶと良いですね。

 

 

特におすすめなのが、リクシルの

『プログコートフェンス』というタイプのフェンス。

 

 

通気性も採光も良いだけでなく、

しっかりと目隠しとしての役割も果たすので

とっても便利なんですよ!

 

 

また、木製(調)のフェンス全般だと、

圧迫感もそんなにないし、通気性と目隠しの役割も、

しっかり果たしてくれるのでやっぱりおすすめ。

 

 

ということで、

なるべくフェンスは通気性と採光を兼ね備えて、

なおかつ圧迫感のないものを選ぶと良いですね!

 

 

もちろん目隠しにもなるのでとっても安心です。

 

 

ぜひ快適にプライバシーを守るためにも、

フェンスは慎重に選んでいくようにしましょう!

 

 

まとめ

 

 

フェンスは自分の家の敷地内であっても、

隣家に許可なく勝手に設置してはいけないので、

必ず隣家にご挨拶に行ってフェンスを設置することを

伝えましょう。

 

 

そして、フェンスはなるべく通気性と採光が

良いものを選ぶのがおすすめ。

 

 

特にリクシルの『プログコートフェンス』

かなりおすすめなので、ぜひチェックして、

設置するフェンスに検討してみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました