冷蔵庫の寿命ってどれぐらい?30年も経ってたらもう寿命だよね!?

豆知識

 

冷蔵庫の寿命って

だいたいどれくらいなんでしょうか?

 

 

やっぱり30年も経っていたら、

買い替え時なのか気になりますよね。

 

 

でも、冷蔵庫の寿命は

どこをチェックすれば分かるもの?

 

 

冷蔵庫が熱かったり、異音がする場合は、

買い替えの目安なんでしょうか?

 

 

そこで今回は、冷蔵庫の寿命は30年なのか

冷蔵庫の寿命がきたのはどこをチェックすればいいのか

などを詳しくご紹介していきます。

 

 

冷蔵庫の寿命はどこで分かるの?熱いのは壊れる前兆?

 

冷蔵庫のメーカーにもよりますが、冷蔵庫はだいたい、

10年~15年経てば寿命がきてしまうんですよね…。

 

 

ということで、30年経っている冷蔵庫なら、

とっくに寿命がきているということになるでしょう。

 

 

ただし30年経っていても、十分に冷えているのなら、

まだ使える場合もあるけれど、

急に故障してしまう可能性もあるので、

30年経っているなら、早々に買い替えを

検討することをおすすめします。

 

 

また、冷蔵庫の側面が熱くなっている場合は、

特に故障の前兆、というわけではありません。

 

 

冷蔵庫は庫内の熱を外に放出しているので、

側面が熱くなってしまうのは普通のことなんですよね。

 

 

我が家の冷蔵庫も側面が

やっぱり熱くなっていますよ!

 

 

ただし、冷蔵庫があまり熱くなってしまうのも良くないので、

出来れば熱くならないようにしていくと良いですね。

 

 

なるべく冷蔵庫は直射日光が当たらない場所に置き、

冷蔵庫のすぐ隣に家具や電化製品などを置いたりしないこと。

 

 

できるだけ冷蔵庫の隣には、

隙間が空いているようにしておくと安心ですよ!

 

 

確かに冷蔵庫が熱くなっている、というのは

普通のことですが、熱をしっかり放出できないと、

故障に繋がる可能性も!

 

 

そのため、冷蔵庫がしっかり熱を放出できるように、

冷蔵庫の隣はスペースを少し開けるようにしてくださいね。

 

 

冷蔵庫の寿命が音に現れることも?買い替えの目安とは?

 

冷蔵庫の寿命は音に現れる場合もあります。

 

 

ということで続いては、買い替えの目安となる、

冷蔵庫の故障のサインを詳しく紹介していきますね。

 

 

異音がする

 

 

基本的に冷蔵庫は庫内を冷やすために音が鳴るものですが、

その音が長時間続くようであったり、

もしくは明らかに今まで聞いたことないような、

大きな音がする場合は、故障を疑ってみると良いでしょう。

 

 

氷が出来なかったりアイスクリームが溶ける

 

 

冷凍庫のが出来なかったり、

冷凍庫に入れておいたアイスが溶けてしまう

などが発生した場合は、もう故障し始めているので、

早めに買い替えをした方がいいですよ!

 

 

冷えにムラがある

 

 

冷蔵庫は故障し始めると冷えにムラ

出てきます。

 

 

基本的に故障していない冷蔵庫は、

庫内が均一に冷えるようになっているのですが、

それにムラがある場合は、故障している可能性が大ですね。

 

 

水漏れしている

 

 

冷蔵庫の中や冷蔵庫の外側に

水漏れが見られるようでしたら、

もう寿命がきているというサインですね。

 

 

床が濡れてしまうとカビが発生してしまうので、

早めに買い替えるようにしていきましょう。

 

 

以上のような状態が冷蔵庫を買い替える目安。

 

 

もうこれらの状態になっていると、

すぐに壊れてもおかしくないので、

早めに買い替えるようにしてくださいね!

 

 

我が家の冷蔵庫も、もうそろそろ寿命がきそうなので、

買い替えを検討していこうと思います。

 

 

まとめ

 

 

冷蔵庫の寿命はだいたい10年~15年ほどなので、

30年経っているなら、もう寿命がきているでしょう。

 

 

冷蔵庫の側面が熱くなっているのは、

冷蔵庫が普通に稼働している証なので問題ありませんが、

熱を放出しやすくするため、冷蔵庫の側面には、

なるべく隙間をあけておくようにしましょう。

 

 

また、冷蔵庫から異音がしたり、冷凍庫が冷えなかったり

冷えムラがあったり、水漏れしている場合は、

もう寿命がきているサインなので、

なるべく早めに買い替えるようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました