無塩バターの代用にマーガリンは使えるの?代用品って何がある?

豆知識

 

無塩バターの代用として

マーガリンを使うことは出来るもの?

 

 

確かに無塩バターって高かったり、

売ってなかったりすることがありますよね。

 

 

そんな時はマーガリンで代用できたらすごく便利!

 

 

でも、本当に無塩バターの代用に

マーガリンは使えるんでしょうか?

 

 

今回はそんな、

無塩バターの代用にマーガリンは使えるのか

他に何が代用として使えるのかを解説していきます!

 

 

無塩バターの代わりにケーキ用マーガリンは使える?

 

無塩バターがない時は代用として

ケーキ用マーガリンを使うことは出来ます!

 

 

でも、そもそもこの二つって、

一体どんな違いがあるんでしょうか?

 

 

実は無塩バターとマーガリンって、

原料が大きく異なっているんですよ。

 

 

無塩バターや有塩バターなどバター類は、

生乳を原料としています。

 

 

一方マーガリンは、食用加工油脂植物油脂

そして乳化剤などを使っているんですよね。

 

 

もっと分かりやすく言うと、バターは乳製品であり、

マーガリンは植物性油分を使った製品であるということ。

 

 

こうして見ると、結構バターとマーガリンって、

似て非なるものであることが分かりますね!

 

 

でも無塩バターがない時は、

ケーキ用のマーガリンを代用してもOK!

 

 

確かに原料は違うけれど、お菓子作りの際は、

十分に代用することが出来るんですよ。

 

 

ただし、マーガリンを無塩バターの代わりに使った場合、

多少仕上がりには差が出てきます。

 

 

例えばクッキーなら、無塩バターを使うと

サクサクとして軽い食感になのに対し、

マーガリンを使うと少し重い食感になるなどの

違いが出てくるんですよね。

 

 

でも、味が全く異なるというわけではないので、

無塩バターがない時は、マーガリンで代用することは

十分できますよ!

 

 

無塩バターの代用品になるものは?代わりに使える商品って?

 

無塩バターの代用品になるものは

マーガリンだけではないので、

続いてはマーガリン以外に代用として使えるもの

紹介します。

 

 

有塩バター

 

 

無塩バターがない時は

有塩バターを代用にしてもOK!

 

 

ただし味に塩気が出てしまうことがあるため、

お菓子作りに代用する場合は、分量を少し減らすなど、

上手く調整しましょう。

 

 

オリーブオイル

 

 

意外な代用品ですが、実はオリーブオイル

無塩バターの代用になります!

 

 

仕上がりにコクはあまり出ませんが、

あっさりとした風味になるのでおすすめですよ!

 

 

ココナッツオイル

 

 

ココナッツオイルも無塩バターの代用に

使うことが出来るもの。

 

 

しかもココナッツオイルは、

美容や健康に良いと言われているので、

ヘルシーなお菓子作りができますね!

 

 

ただし、ココナッツの風味が出るため、

ココナッツの香りが苦手な場合は、

違うもので代用すると良いでしょう。

 

 

サラダ油

 

 

サラダ油もオリーブオイル同様、

無塩バターの代用に使うことが出来ます。

 

 

ただしサラダ油には水分量が多いので、

レシピ記載の分量通りではなく、

様子を見ながら加えていくようにしましょう。

 

 

そうすれば美味しくお菓子作りができますよ!

 

 

以上が無塩バターの代用に使えるもの。

 

 

結構色んなものが

無塩バターやマーガリンの代用として、

お菓子作りに使えるんですね!

 

 

ぜひこれらを参考にして、

お菓子作りをしていきましょう!

 

 

まとめ

 

 

無塩バターの代用には

マーガリンを使うことが可能!

 

 

ただし生乳が原料のバターと違い、

マーガリンは植物油脂が原料であるため、

お菓子作りに使うと、仕上がりが若干異なる場合も

あるのでご注意を。

 

 

 

マーガリンの他には、オリーブオイル有塩バター

ココナッツオイルなどが代用として使えるので、

無塩バターがないときはぜひ参考にしてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました