ココナッツオイルが期限切れになってる!使い道って何かある!?

豆知識

 

ココナッツオイル期限切れになっていたら、

何か他に使い道ってあるんでしょうか?

 

 

確かに期限切れだと

もう食べることはできないですよね…。

 

 

でも結構余っている場合は、

捨てるのもちょっともったいないもの。

 

 

そこで今回は、

期限切れのココナッツオイルの使い道や、

ココナッツオイルの正しい捨て方を紹介します!

 

 

ココナッツオイルの期限切れ!捨てずに使えるキャンドルの作り方!

 

ココナッツオイルが期限切れになってしまったら、

キャンドルにするという使い道がおすすめですよ!

 

 

お好みのアロマを使えば、

お手製のアロマキャンドルにもなるので、

とってもおすすめの使い道なんです!

 

 

ということで、期限切れのココナッツオイルを使った、

キャンドルの作り方を詳しく解説しますね!

 

 

まず必要なものはキャンドルを入れる瓶

ココナッツオイル固めるテンプル

そしてバースデーケーキに使うロウソク1本

タコ糸を15㎝ほど。

 

 

では作り方を説明します。

 

 

ロウソクを溶かしてタコ糸を浸してコーティングする

 

 

まず、バースデーケーキに使うロウソクに火を点けて溶かし、

そこにタコ糸を浸してロウでコーティングします。

 

 

そしてタコ糸が真っ直ぐに固まるまで待ちましょう。

 

 

ココナッツオイルを熱して溶かし固めるテンプルを加えてから瓶に入れる

 

 

期限切れになったココナッツオイルを170℃まで熱し、

固めるテンプルを加えてからかき混ぜ、

瓶に入れていきましょう。

 

 

この時、アロマキャンドルにしたい場合は、

お好みのアロマオイルを数滴垂らすと良いですよ!

 

 

キャンドルが固まらないうちにロウで固めたタコ糸を差し込んで完成!

 

 

キャンドルを瓶に入れたら、完全に固まらないうちに、

先ほどロウで固めて真っ直ぐにした

タコ糸を差し込み、しっかりと冷やして固めれば、

ココナッツオイルのキャンドルの完成!

 

 

意外と簡単にココナッツオイルで

キャンドルが作れるんですね!

 

 

ココナッツオイルが使い切れない!意外と知らない捨て方って?

 

ココナッツオイルが使い切れないで

期限切れになってしまった場合、

捨て方にもちょっとした工夫が必要です。

 

 

まずココナッツオイルが固形の場合は、

二重にした袋に入れて可燃ゴミとして

捨てるようにしましょう。

 

 

そうすればココナッツオイルが漏れる

心配がないので安心ですよ!

 

 

ココナッツオイルが漏れてしまったりしたら、

他のゴミもギトギトになってしまい、

処理するのが大変になってしまうので、

必ず袋は二重にしておきましょう。

 

 

そして、ココナッツオイルが液体状になっている場合は、

袋に新聞紙やキッチンペーパーを敷き詰めて、

その中に入れて可燃ゴミとして捨てると良いですよ。

 

 

もしくは、

固めるテンプルなど市販の油凝固剤を使って、

可燃ゴミとして捨てるようにしましょう。

 

 

以上がココナッツオイルの正しい捨て方です。

 

 

液体状になっている場合は、

他の食用油と同じような捨て方なんですね!

 

 

たとえココナッツオイルが液体状になっていても、

絶対に排水溝やトイレに流さないようにしてくださいね!

 

 

排水管が詰まってしまう可能性があるので、

十分に注意しましょう。

 

 

期限切れのココナッツオイルを見つけたら、

ぜひ正しい捨て方をしてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

期限切れのココナッツオイルの使い道は

キャンドルにすること!

 

 

溶かして固めるテンプルを入れて瓶に詰め、

ロウで固めたタコ糸を差し込めば、

簡単に作ることが出来ますよ!

 

 

そして、ココナッツオイルを捨てる際は、

固体なら袋を二重にすること。

 

 

液体状なら新聞紙などに吸わせるか、

油凝固剤で固めてから可燃ゴミとして

捨てましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました