オリーブオイルって開封後はどれぐらい持つの?賞味期限はどうなる?

豆知識

 

オリーブオイルって開封後の賞味期限

どれくらいなんでしょうか?

 

 

半年や1年経っても、

オリーブオイルって料理に使えるもの?

 

 

何だかイマイチ、オリーブオイルの賞味期限が

分からないですよね…。

 

 

そこで今回は、オリーブオイルは開封後、

賞味期限はどれくらいになるのかをご紹介します。

 

 

オリーブオイルは開封後に半年たつとどうなるの?使っても平気?

 

オリーブオイルの賞味期限は、

基本的に開封後なら3ヶ月が目安。

 

 

でもあくまでもこれは目安の賞味期限なので、

開封後から半年経っていたとしても、

オリーブオイルは酸化していなければ、

料理に使っても平気ですよ!

 

 

オリーブオイルが酸化しているかどうかは、

見た目ニオイで分かります。

 

 

まずオリーブオイルが酸化している場合は、

ニオイがまるで機械油のようになります。

 

 

そして見た目も濁ってきて、

ドロドロと粘り気が出てきてしまうんですよ。

 

 

そのため、ニオイや見た目に異変があるのでしたら、

そのオリーブオイルは絶対に使わないように

注意してくださいね!

 

 

たとえ開封後から半年経っていたとしても、

以上のような酸化した異変が見られずに、

澄んでいてサラサラしていてニオイも変化が

ないのでしたら、使っても問題はありません。

 

 

ということで、

あくまでも目安の賞味期限は3ヶ月だけれど、

オリーブオイルの様子を見て、

使うかどうかを決めていくと良いですよ!

 

 

でもやっぱり、

オリーブオイルは新鮮な方が美味しいので、

開封したらなるべく3ヶ月以内には

使い切るようにしましょう!

 

 

我が家でも、オリーブオイルは

3ヶ月以内で使い切れるように、

小さめのビンのものを購入しています。

 

 

ぜひ鮮度を守るためにも、オリーブオイルは

3ヶ月以内で使い切れる量を買うと良いですね。

 

 

オリーブオイルが開封後に1年たったら?開けてからの賞味期限!

 

オリーブオイルは先ほども説明したように、

開封後なら約3ヶ月が賞味期限です。

 

 

でも見た目やニオイに特に変化がないのでしたら、

開封して1年経っていても使って大丈夫でしょう。

 

 

やっぱり開封後のオリーブオイルを使うかどうかは、

見た目とニオイによって判断した方が良いんですね。

 

 

確かに、オリーブオイルを開封して、

まだ中身がたくさん残っている場合は、

1年経っていても、ちょっと捨てるのが

もったいないですよね…。

 

 

ということで、

開封後のオリーブオイルを使うかどうかは、

開封してからどれくらい経っているかよりも、

ニオイや見た目で判断した方がおすすめ。

 

 

でも、さすがに開封して1年間も

経っているオリーブオイルを使うのに、

やっぱりちょっと抵抗がある場合は、

無理して使わなくても大丈夫ですよ。

 

 

古くなっていたり、酸化して

使えなくなってしまったオリーブオイルは、

ビニール袋の中に新聞紙やティッシュペーパーなどを

敷き詰めて、その中に垂らしてオリーブオイルを吸わせて、

可燃ゴミとして処分すると良いでしょう。

 

 

瓶はラベルを剥がして、

住んでいる自治体のゴミ分別表通りに、

分別をして捨てるようにすればOKですよ。

 

 

絶対にオリーブオイルは

排水溝には流さないようにしましょう。

 

 

また、中身が入ったまま、

オリーブオイルをビンごと捨てるのもNGですよ!

 

 

まとめ

 

 

オリーブオイルの賞味期限は

開封後は約3ヶ月が目安です。

 

 

でも、特に見た目やニオイに異変がないのでしたら、

開封してから半年や1年経っていたとしても、

使っても大丈夫ですよ。

 

 

ただしニオイや見た目に異変がある場合は、

絶対に使わないで捨てるようにしてくださいね。

 

 

また、今後は出来れば3ヶ月以内で使い切れる量だけ、

オリーブオイルを購入すると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました