ココナッツオイルの融点って何度なの?知っておきたい扱い方!

豆知識

 

ココナッツオイルの融点、

つまり固体から液体になる温度って、

何度くらいなんでしょうか?

 

 

またココナッツオイルって、

どれくらいの期間で酸化してしまうもの?

 

 

そしてココナッツオイルの正しい保管方法

知っておきたいですよね。

 

 

そこで今回は、意外と知られていない

ココナッツオイルの融点や、酸化するまでの期間

そして正しい保管方法を解説していきます!

 

 

ココナッツオイルはどれぐらい持つ?酸化するまでの期間とは?

 

ココナッツオイルの融点は

ズバリ約24℃以上

 

 

そこまで高い温度ではなくても、ココナッツオイルは、

固体から液状になっていくものなんですね。

 

 

そんなココナッツオイルですが、

酸化するまでの期間は未開封なら約2年

開封済みなら1年ほどとされています。

 

 

そのため、開封したら

早めに使うようにしていくと良いですね。

 

 

酸化してしまうと、ココナッツオイルは

異臭がしたり、変色したりしてしまうので、

もしそれらの様子が見られるのでしたら、

なるべくは使わないようにしましょう!

 

 

でも、ココナッツオイルって、開封済みであっても、

酸化するまでの期間が結構長期なんですね!

 

 

もっと数ヶ月とか早い段階で、

ココナッツオイルは酸化してしまうのかな、

と思いますし、かなり意外ですよね!

 

 

それでも、やっぱりココナッツオイルは、

開封したら鮮度が落ちていくものなので、

極力は早めに使い切るようにした方が良いですね。

 

 

そして先ほども説明したように、

異臭や変色などがみられるようでしたら、

使わないようにすること!

 

 

傷んでしまったココナッツオイルは、

使うと健康を害する可能性もあるので、

くれぐれも注意してくださいね!

 

 

ココナッツオイルはどう保管するのが正解?正しい方法は?

 

先ほども説明したように、

ココナッツオイルの融点は24℃です。

 

 

つまり24℃未満になってしまうと、

ココナッツオイルは固まってしまうんですね。

 

 

ココナッツオイルは固まったとしても、

品質に特に問題はないのですが、

ちょっと使いづらいので、出来れば

24℃以上を保っておくと良いですね。

 

 

ということで、

ココナッツオイルは冷蔵保存ではなく、

常温保存でOKなんですよ!

 

 

ただし直射日光が当たらない場所

保管するようにしましょう。

 

 

常温・暗所で保管をするのが

ベストな保管方法ということですね。

 

 

ちなみにうっかり

ココナッツオイルを冷蔵庫に入れてしまい、

カチカチに固まってしまったとしても、

24℃以上の場所に置いておけば、

また柔らかくなるので、使いやすくなりますよ!

 

 

しかもココナッツオイルは、

固化と液化を繰り返したとしても、

劣化してしまう心配は無く、

品質にも問題はありません。

 

 

ということで、固まってしまったら、

ぜひ24℃以上の場所に置くようにしてくださいね!

 

 

そうすればココナッツオイルは

使いやすくなりますよ!

 

 

まとめ

 

 

ココナッツオイルの融点は24℃以上で、

基本的にココナッツオイルは、開封済みでも、

約1年間は酸化することなく使うことが出来ます。

 

 

しかも、酸化しない期間中であれば、

固化と液化を繰り返しても、

品質が変わることはないので安心ですよ。

 

 

ただしココナッツオイルは、

冷蔵庫に入れてしまうと、カチカチに固まり

使いづらくなるので、24℃以上になるように、

常温で保管しておくようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました