小学校への送り迎えはいつまでする?あんまり続けるのは過保護!?

子育て

 

小学校への送り迎え

いつまでするべきもの?

 

 

確かに低学年ならまだしも、

中学年や高学年にもなって、

親が送り迎えをしていると、

過保護だと思われてしまいそうですね…。

 

 

でもやっぱり、

子供の身に何かあったら大変です!

 

 

今回はそんな、

小学校への送り迎えは、いつまですべきなのか

毎日するのは過保護になってしまうのか

詳しく解説していきます。

 

 

小学校への送り迎えはいつまでする?やりすぎると過保護認定?

 

基本的に小学校への送り迎えは、

1年生まではする家庭が多いんですよ。

 

 

実際にうちも小学校1年生までは

送り迎えをしていました。

 

 

そのため、送り迎えをするのなら、

1年生まではしておくのが良いでしょう。

 

 

ただし、うちの場合は学校が近かったし、

2年生からは、近所の子供たちと

一緒に登下校するようになったので、

送り迎えをする必要がなかったんですよね。

 

 

でも最近はやっぱり、物騒な世の中ですよね…。

 

 

過保護だと思われるのを避けて、

子供一人で小学校へ登下校させている場合は、

やっぱり危険なんですよ!

 

 

子供をターゲットにする犯罪者も多いし、

交通事故に遭う確率も高くなります!

 

 

そのため、たとえ過保護認定されても、

学校が遠かったり、一緒に登下校する子が

いないのでしたら、やっぱり送り迎えは

低学年のうちはしてあげた方が安心ですね。

 

 

何かあってからでは遅いもの。

 

 

大切な我が子を守るためにもぜひ、

送り迎えをしてあげたいと思ったら、

過保護だと思われてもしてあげましょう。

 

 

筆者の友人にも娘さんがいるのですが、

小学校に通うようになったら、

絶対に送り迎えをする、と話していましたよ。

 

 

今はとにかく危ないことが多い世の中なので、

ちょっとくらい過保護でも良いでしょう。

 

 

特に一人で登下校することになるのでしたら、

やっぱり送り迎えは必要になりますよ!

 

 

小学校に毎日送り迎えはやりすぎ?みんなはどうしてるの?

 

小学校に毎日送り迎えはやりすぎ、

と思われるかもしれませんが、

やっぱり一緒に登下校する子がいない場合などは、

毎日でも送り迎えはしてあげた方が安心ですね。

 

 

でも、やっぱり毎日送り迎えするのが大変だったり、

過保護だと思われたくない場合は、お子さんに

防犯ブザーを持たせておくようにしましょう!

 

 

実際に、防犯ブザーを持たせて、

登下校させている家庭も多いんですよ。

 

 

基本的には小学校の送り迎えは低学年までだけれど、

送り迎えしなくなった場合は、防犯ブザーを必ず持たせて、

お子さんにもしっかりと危ない時は鳴らすように

言い聞かせておきましょう。

 

 

そうすれば万が一、

一人で登下校することになっても安心ですね!

 

 

うちでも低学年の頃は

防犯ブザーを持たせていましたよ。

 

 

やっぱり送り迎え出来ない、もしくはしない

家庭では、防犯ブザーが役に立つんですね!

 

 

お子さんの身を守るためにも、

送り迎えを毎日続けるか、それが難しいのでしたら、

防犯ブザーを持たせるようにしていきましょう!

 

 

まとめ

 

 

小学校の送り迎えは1年生、長くても2年生の

低学年まで、という家庭が多いのですが、

一緒に登下校する子がいる場合は、

低学年でも送り迎えをしない場合もあります。

 

 

でもやっぱり物騒ですよね…。

 

 

過保護だと思われてもやっぱり心配なのでしたら、

また一緒に登下校する子がいない場合には、

送り迎えを毎日してあげると良いでしょう。

 

 

それが難しい場合は、

防犯ブザーを持たせておくと安心ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました