タオルの黒ずみは全てキッチンハイターで解決OK!?

豆知識

 

タオルの黒ずみってキッチンハイターを使えば、

キレイに落とすことが出来るものなんでしょうか?

 

 

そもそもタオルに黒ずみが出来てしまうのは

なぜなのかも、すっごく気になりますよね…。

 

 

汚れなのかカビなのかイマイチ分からないです。

 

 

今回はそんな、

タオルの黒ずみがキッチンハイターで落とせるのか、

別の方法で除去できるのか、またタオルの寿命

どれくらいなのかをご紹介。

 

 

タオルが黒ずんでいるのでしたら、

ぜひ覚えておくと良いですよ。

 

 

タオルの黒ずみを重曹で取る方法!黒ずみについても徹底解明!

 

タオルの黒ずみキッチンハイターを溶かした水に

浸け置きすれば、キレイに除去することが出来ますが、

色や柄のあるタオルだと、変色したり色落ちしたりして

しまうんです…。

 

 

そこでタオルの黒ずみはキッチンハイターではなく、

重曹で取るようにしましょう。

 

 

では、重曹を使ったタオルの黒ずみを

除去する方法を紹介します。

 

 

バケツか洗面器に40~50℃のお湯を注ぐ

 

 

まずはタオルが入る大きさのバケツや洗面器などを

用意し、40~50℃のお湯を注いでください。

 

 

重曹を入れて溶かす

 

 

お湯を注いだら、お湯10Lに対して

重曹を大さじ1杯入れて溶かします。

 

 

タオルを入れて30分~1時間浸け置きする

 

 

重曹を溶かしたお湯の中に、

黒ずみが出来てしまったタオルを入れ、

30分~1時間ほど浸け置き洗いしていきましょう。

 

 

洗濯機で普通に洗濯する

 

 

30分~1時間後、タオルをいつも通り

洗濯機に入れて洗って干せば完了。

 

 

重曹を使うことで、色落ちや変色を防ぎ、

タオルも傷めずに黒ずみをキレイにすることが

出来ますよ。

 

 

ちなみになぜタオルに黒ずみが出来てしまうかというと、

タオルに汚れが蓄積してしまっているから。

 

 

タオルは使えば使うほど、たとえ毎日きちんと

洗濯していても、汚れが繊維の奥に残ってしまい、

それが蓄積して、黒ずみになってしまうんですよ…。

 

 

黒ずんでしまったタオルって、

本当にイヤですよね。

 

 

でも、重曹を使えばしっかりと汚れを落とすことが

出来るので、ぜひ繊維の奥にまで入りこんだ汚れを

除去していきましょう!

 

 

タオルに黒ずみが出てきたら捨てる?タオルの寿命ってどれくらい?

 

タオルに黒ずみが出てきたとしても、

重曹で落とすことが出来るので、黒ずみが

なくなったら、まだ使うことは出来ますよ!

 

 

ただし重曹を使っても黒ずみが落ちなかったり、

ゴワゴワな感触になってしまってきたら、

そのタオルはもう捨ててしまった方が良いでしょう。

 

 

タオルの寿命はものにもよりますが、

だいたい30回洗濯を繰り返した頃ですね。

 

 

でも30回洗濯を繰り返しても、

まだ吸水性があって肌触りも良いのでしたら、

使い続けてOKですよ。

 

 

ということで、

タオルの寿命は黒ずみが落とせたかだけでなく、

吸水性や肌触りもチェックすべきなんですね。

 

 

やっぱりしっかり水分を吸って、

感触も良いタオルを使った方がいいですからね!

 

 

まとめ

 

 

タオルの黒ずみはキッチンハイターで浸け置き洗いしても

落とせますが、色柄もののタオルには使えないし、

タオルの繊維を傷めてしまうので、重曹を溶かした

お湯で浸け置き洗いをすべきでしょう。

 

 

そうすればタオルを傷めることなく、

黒ずみをキレイに落とせますよ。

 

 

ただしそれでも黒ずみが落ちなかった場合や、

タオルの吸水性や肌触りが悪くなったときは、

もうそのタオルは寿命なので捨ててしまうのが

良いですよ!

 

 

ぜひタオルは黒ずみだけでなく、

吸水性や感触も重視するようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました